« なぜ極東ブログはイラク分割案を取らないか | トップページ | 理系・文系 »

2004.01.24

医師名義貸し、ま、そりゃね

 今朝の新聞各紙の主要な話題は医師名義貸しだったが、毎日と産経の社説を読んでいるうちにうんざりした。意外にも読売新聞社説「医師名義貸し 地方の医師不足の解消が基本だ」がまともだった。この問題については旧極東ブログ「医師の名義貸し問題は単純ではない」(参照)に加えることはあまりない。問題は深刻だが、うわっつらの正義を振りまいてもどうしようもない。
 余談でお茶を濁す。
 最近ちと別件で日本の健康という漠たるお題で調べて驚いたのだが、前から知ってはいたことではあるがが、米国人の100歳以上の人口比は日本の3倍くらいになりそうだ。
 また、詳しい統計がわからなかったが、90歳以上の自立者の数も米国は群を抜いているようだ。
 ほぉと思った。昔親しんだガルブレイス、ドラッカー、トフラー、みんなまだ知の世界に生きているのである。70歳まで生きることができたらいいやと思っている私などからすると、すごい世界だ。
 米国の健康統計はあのごちゃごちゃした社会を伸してしまうので、めちゃくちゃな結論が出がちだ。が、ある程度の層にフィルタをかけると、なにかとえ?みたいな世界が出てくる。ぼんやりと米国を見ていると、デブ、アホ、マッチョしか見えないのだが、利口なヤツは馬鹿みたいに利口だし、文学も深い。
 とはいえ、飯もろくに食わない米国人が長生き・自立というのはどういうことなのだろう。生存競争の勝ち組というだけだろうか。医療の根幹で日本が学ぶ点は多いような気がする。
 100歳以上で思い出したが、長寿沖縄というは嘘、で男性の平均寿命は国内平均以下。女性は長寿であるが、このイメージは100歳以上の人口比に依存したものだ。香港なども統計上は長寿なので、近代化と温暖な気候は長寿に良いのではないか。
 米国ではカロリー制限で長寿みたいなブームも若干あるが、人間などもともと飢餓に適用する生物なのであまり食わなくてもいいのかもしれない。

|

« なぜ極東ブログはイラク分割案を取らないか | トップページ | 理系・文系 »

「社会」カテゴリの記事

コメント

>利口なヤツは馬鹿みたいに利口だし、

まさにそのとおりですね。この「馬鹿みたいに利口」って形容に大きくうなずいてしまいました。学会に行くと「死んだ」とばかり思っていた方々がじつは生きてて名札下げて歩き回ってるので毎度おそれおののいてしまいます。

このテの人たちは環境もよさげなところに住んでますから、長生きするのかもしれないですね。あと、医療保険がぼろぼろですからうっかり病気になれないんじゃないでしょうか。プライベートで高い保険には入れるけど、copaymentとかあるし。

投稿: mito | 2004.01.25 00:22

mitoさん、ども。「医療保険がぼろぼろ」ってあたり、納得したり、いや米国より日本がマシか、とか、しょっちゅう逡巡します。最近の私の傾向は、日本の医療はなんとかなるんじゃないかに傾いています。町医者が育てば…。うーむ、言っておきながら、ぶれそうです。はい。

投稿: finalvent | 2004.01.25 08:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医師名義貸し、ま、そりゃね:

« なぜ極東ブログはイラク分割案を取らないか | トップページ | 理系・文系 »