« イラクがシーア派になるのはしかたないこと | トップページ | 良い正月である »

2004.01.22

もちろんブッシュの一般教書演説はつまらない

 今朝は久しぶりに新聞各紙社説横並び。こぞってブッシュの一般教書演説を扱っていた。不思議でもないが、あんなスカ話をネタに何を書くのか。スカにはスカ。さあ、踊ろうぜ。
 各紙をザップするに、各紙ともにスカ。マジこいて言うと、社説執筆者の皆さん、テロとの戦いという意味がわかってないんじゃないか。なんかねぇ、国連、つまり仏独だね、それにロシアと中国を入れたら、万全の体制だぁ、と思ってないか。その体制があればテロと戦えると思っていないか。そりゃ、阿呆だよ。テロとの戦いというのは、本当に戦いなのだ。バトルなのだ。ピカチュー10万ボルトだ!、じゃない、のだ。
 戦うためには兵力が必要だし、兵力の構成が問題なのだ。昔話で記憶違いかもしれないが、カトリックの教皇についてスターリンが意見を求められたとき、彼は「そいつは何個師団に相当するのか?」と答えたという。これがセンスっていうものだ(ジョークでもあるが)。
 回りくどい言い方をしたが、米国は本気でテロとの戦いを始め、それ向きに軍を組織している。その認識とあり方がいいのかは議論の対象になるが、まず、現実として、米国はどのようにテロと戦っているかということを認識してから、教書も考えなくてはいけない。ブッシュの一般教書演説なんてつまらないと言えばつまらないが、彼はこの軍の最高指令者なのである。
 テロとの戦いというと日本ではアフガンやイラクといった面にばかり目を向けるが、それはある意味現象というか、変遷しつつある機能の顕現の部分であって、根にある軍の状態のほうが問題なのだ。今日は有志連合には触れない。
 テロとの戦いという目的の軍について、一つには州兵の投入といった問題がある(州兵を投入すべきではない)。が、その州兵と同じレベルで、米国の都合で韓国人が投入されることに注目しなくてはいけない。3000人の派兵要請で妥協したが、米軍の本音は1万人以上の韓国人をイラクに投入することだった。その意味を日本人も自覚せーよである。
 もう一つは、すでに韓国軍が米軍化のツールになってしまったことからわかるように、韓国自体が米軍のハブにされてしまった。今回のソウル基地の撤退により、38度線はすべて韓国軍になるが、それだけ見れば、自国のことは自国で、でもあるし、北朝鮮の暴発は限定的になるとも見ていい。だが、問題は、前線ではない。米軍の関心はすでに前線に向いていないのに駐留しているという点が問題なのだ。この機に韓国が巨大な沖縄化したということだ。もちろん、本家沖縄もだ。沖縄の場合、台湾問題関連で前方展開のニュアンスもあるが、テロとの戦いは本質的に前方展開のフォーメーションを必要としない。ハブとロジスティックスの問題だ。くどいが韓国という国と、沖縄という日本の人身御供が、テロとの戦いのためのフォーメーションに組み入れられた。
 もちろん、一般教書演説ではこうしたことは触れない。だが、こうした現実の様相に絡めて議論しなくてはいけない。新聞各紙の社説がスカだなと思うのは、そういうことだ。
 とはいえ、読み物としては、日経の「再び勝利宣言した米大統領」が面白かった。


「イラク解放戦争を支持しなかった議員もいる」と述べた時、CNNの映像は民主党のケネディ上院議員がわずかに首を横に振るのをとらえた。「サダム・フセイン体制のない世界は安全になった」と続け、ヒラリー・クリントン上院議員が立ち上がって拍手する映像が流れた。
 イラク支援に兵力を派遣している諸国のうち17カ国の国名に具体的に言及し、日本の名は英国、豪州に次いで3番目にあげた。自衛隊のイラク派遣に対するブッシュ政権の謝辞だったのだろう。

 皮肉が効いている。日本への謝辞は派兵というフラッグのシンボリックな意味もだが、日経なのだから、謝辞の対象は経常赤字を日本が吸い取ることなのだろう、くらいの皮肉を効かせて欲しい。財務省の代弁してんじゃねーよである。

|

« イラクがシーア派になるのはしかたないこと | トップページ | 良い正月である »

「時事」カテゴリの記事

コメント

こんにちはです (^^;))

んで、
なんかどうもわからないので質問なんですが・・

「テロとの戦いのフォーメーションとして韓国がハブとして加えられた」ってのは、
<テロの対象を分散させるため>ってことですか?
それとも、
<テロに対する前線基地を多くするため>
って感じですか?

投稿: m_um_u | 2004.01.22 11:35

ども。えっと、そのどっちもなんですが、どっちかというと、前線基地を多くです。というか、「前線」という概念がなくなるわけです。以前なら、米本土にいた機能が、韓国に移り、しかも韓国兵を使うようになるわけです。もちろん、韓国だけではなく、グァムやハワイ、オーストラリアもですが。

投稿: finalvent | 2004.01.22 13:34

あ・なるほど

そりゃ、やっぱ
「RMA的な感じでネットワーク化して、指令をそのまま伝えられるようになったから」
ってことですか?

投稿: m_um_u | 2004.01.22 14:15

ども。RMA(the Revolution in Military Affairs)もですが、ロジスティックス(logistics)が革命的に変わったというほうが大きいかなと思います。かなりひどい言い方ですが、このままいくと、韓国は速成米兵のファームになってしまいます。規格化された「兵」の調達源だけ、と。日本がそうならないためには、ひたすら経済力です。というかすでに米国債のつみあげがあるのでかなりバッファしていますが。オーストラリアあたりも、けっこうファーム化されるような感じは受けます。ぞっとしますが。

投稿: finalvent | 2004.01.22 15:04

いやぁ・・ヤバヤバな感じですね・・・。

ってことはやっぱ国内政策的には社会保障とかになるんでしょうか?(白状しちまうと、まだ日本の国内経済政策についてはぜんぜん洗ってませんm(_ _)m)

あ・ネタとして既に書かれてたり、これから書くおつもりならそちらのほうを参照しますので

投稿: m_um_u | 2004.01.22 16:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もちろんブッシュの一般教書演説はつまらない:

« イラクがシーア派になるのはしかたないこと | トップページ | 良い正月である »