« 日経さん、財政再建でなにが言いたいのか、その2 | トップページ | 朝日新聞だって「改革と展望」を論じたーい »

2004.01.20

日本軍装甲車、イラクを行く

 変な気分だ。朝鮮日報社説「イラク砂漠の中の日本軍装甲車を見て」の読後感だ。話はまず、こう切り出す。


19日、装甲車や無反動砲、機関銃で武装した日本の自衛隊がイラク入りした。自衛隊が終戦の消極的な平和維持軍活動からさらに一歩前進したのだ。

 これは、ふーんである。この先がなんとも変な気分になる。

 日本の布石はこれにとどまらない。経済力を基にした軍事力の建設に続き、それに相応しい国際政治的役割を追求するはずだ。その中期的目標が国連安保理の常任理事国として進出することだ。その時、われわれはこれまでの日本という国に対するイメージをかなぐり捨て、われわれの運命に介入する実力を携えた新たな日本を目の当たりにすることになるだろう。
 この新たな日本は21世紀の潜在的な超強大国の中国と、東シナ海や南シナ海全域で競争することだろう。先日繰り広げられた釣魚島の領有権をめぐる中日の海上摩擦は、われわれにその未来の絵まで想像させている。

 おまえさん、考えすぎだよ、とは言えない。そう見えるのだろうなと理解できないでもない。よくわかんないなと思うのは、「国連安保理の常任理事国として進出」がなんで問題なのか。日本が出れば、アジア諸国の希望になるぜ、と日本人として言いたいが、それは韓国からは危険というより、嫉妬なのではないか。むしろ、こけそうな国連を維持するために日本が地歩を固めたほうがいいと思うが、韓国には通じないだろう。それを、「運命に介入する実力」というが、だって、実力ってそういうものじゃないか、と言えば、むかっ腹を立てるのだろう。ゼロゼロセブン、変な気分である。
 日中の海上摩擦というが、あれは、中国がおかしいよ、とは見えないのだろうか、いや、この文章を見ていると本音ではそう思っているのだろうなと思う。そして本音では中国怖いなと思っているのだろう。そして、日本も怖いのだろう。なにも韓国を貶めて言うのではない。そういうイメージをどうしたら日本は払拭できるのだろうか。
 朝鮮日報の結語はこうだ。

 もどかしいのは、「自主」という眼帯で視野を塞いでいる韓国の首脳部だ。彼らの目には、新たに展開されるこの地政学的パノラマが、他人事のようにしか映っていないのだ。

 これが端的に間違っているのは、米軍を抜いているからで、そういうなんというか、意図的な知的な空白で言説が成り立つ韓国の、民衆から浮いたジャーナリズムが伺える。皮肉みたいだが、皮肉の意図はない。まず、米軍を考えなさいよ、と思う。
 話を戻す。韓国は本音では日本が侵略するという意味での軍事的脅威は感じていないだろう。中国との軋轢で迷惑被りたくないというのは、クリシェだ。じゃ、日本はこれでいいのか。
 日本人の一人として、途方に暮れる。じゃ、どうしたらいい? 韓国を本音のところで支援するしかないだろうなと思う。この半世紀の間、もっと日本は、日本を支援する韓国人を援護すべきだったとも思う。ここは、やっぱし人情だよ、日本はと思う。通じなくても、さ、である。

|

« 日経さん、財政再建でなにが言いたいのか、その2 | トップページ | 朝日新聞だって「改革と展望」を論じたーい »

「時事」カテゴリの記事

コメント

「民衆から浮いたジャーナリズム」ですが、韓国の民衆というのは何なんでしょう。ソウル市民とそれ以外、新両班とそれ以外で、まったく別物のようですし。先週の韓国ネチズンの行動(いわゆるサイバーテロ)にしても、そういう「民衆」がいるということですし。

朝鮮日報の記述は、架空の存在としての韓国民衆にフィットしているということのようにも思います。

投稿: a watcher | 2004.01.20 15:33

どもです。「架空の存在としての韓国民衆」というのはありそうな気がします。ちと、物騒な言い方ですが。ただ、気になるのは日本人からそう見える、ということなのかと。つまり、日本人は韓国人の内面をよく察してないような気がするのです。うまく言葉になりませんが、韓国人の60歳以上は日本語がしゃべれるし、聞いてわかる。なのにそれを、韓国社会のおもてでは内緒にしていなくてはいけない。お茶や着物、生け花へのあこがれもあるとしか思えないのですが、そういう層をうまく日本が支えてこなかったように思います。しかし、現実的にはそういう支援は誤解されるだけでしょうが。

投稿: finalvent | 2004.01.20 16:09

韓国報道の飛躍しすぎる解釈や妄想にはいつも笑ってしまいますけど、本質的な部分は日本人の持っている閉塞的な報道で得た情報とそんなに大きく変わらないんだろうなと思いました。ただ解釈の仕方がプラスかマイナスかのベクトルの違いという感じで(^_^;

投稿: バカぽん | 2004.01.21 00:15

バカぽん、ども(ブログ拝見しました。面白いですね)。ええ、報道の基礎情報は別に韓国と日本と変わらないというか、どうも、日本からの情報の流れが多いような印象を持ちます。また、国際情勢やマクロ経済の視点は日本の論点を参考にしているのでは。韓国人にはスーパーエリートがかなりいるのですが、言論に反映されていないみたいですね。

投稿: finalvent | 2004.01.21 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本軍装甲車、イラクを行く:

« 日経さん、財政再建でなにが言いたいのか、その2 | トップページ | 朝日新聞だって「改革と展望」を論じたーい »