« 初等教育が変だ | トップページ | 凡庸な日の新聞社説 »

2004.01.11

語源の話:「ぐすく」と「あすか」

 ためらうのだが、日本語の語源の話を書こう。ためらう最大の理由は日本語の語源は日本語学および日本史学で事実上タブーだからだ。あるいは「と」の巣窟なのである。そんなところに首をつっこまないほうがいいには決まっている。それになにもブログのネタがないというわけでもない。
 が、日本語の語源については、時たま気になって、考え考えしている。このままだと私の人生の黄昏とも消えていくだろう。それでもいいのだが、書くとすれば、このブログしかない。では書いてみようかと思う気になった。なんとなくシリーズになるかもしれない。わからない。
 もう一つためらうのは、この手の話は、人によっては魂を魅了してしまうものなのだ。そういう輩をブログに集めたいとさらさら思わないのだが、結果そうなるのかもしれない。と、鬱っぽい書き出しで申し訳ない。
 話がいきなり飛ぶ。私は沖縄で数年暮らしていた。やまとうちなーぐちは身に付いたので、ちょっとしたうちなーんちゅにとぼけることはできるが、うちなーんちゅが言うところの方言、つまり琉球語は身につかなかった。それでも、琉球語は私の語感では室町時代の言葉に思える、裏付けもないのだが。
 琉球語は言語学的には日本語の姉妹語とされ、その分化は千年単位で見られているようだが、私は違うと考えている。伝搬は平安末から室町時代以降の和冦ではないだろうか。沖縄の民俗信仰も、日本の民俗学者たちは起源の古いものだと考えたがるが、私の印象では南紀に残る熊野の信仰や一遍上人など、あの時代の信仰に近いものがベースになっているように思われる。
 沖縄の言葉で起源がわからないとされるわりに、しばしば問題なるのが「ぐすく」という言葉だ。琉球語に近づけるなら「ぐしく」である。「城」という字を宛てる。「豊見城」は高校名では「とみしろ」だが、地名では「とみぐすく」である。私は「ぐすく」の語源は「御宿」だろうと考える。最大の理由は、琉球語で「皆さん」を意味する「ぐすー」が「御衆」だろうからだ。「御衆」にすでに南紀風な宗教の気配があるが、いずれ「ぐすく」の「ぐ」は「御」だろう。もっとも、これには反論も多く、「ぐす・く」と切って発音するから、違うというのだ。私はそう思わない。
 「御宿」は沖縄で見てもわかるが、朝鮮式山城のように見える。門中制度といい、祭りの綱引きといい、中華的に見える沖縄の文化の表層を除くと、そこには朝鮮文化があると私は思う。「宿」つまり「すく」は朝鮮起源かもしれないと思うのだ。
 連想するのは、飛鳥、「あすか」である。これにはこじつけでなく「安宿」の表記があり、朝鮮語の「アンスク」に一致する。諸説あるが、表記の残存から考えて、単純に「安宿」でいいのではないか。もっとも、このあたりの語源説はすでに「と」臭が漂う。どさくさで言うのだが、「奈良」の語源が朝鮮語の「国」を意味する「なら」のようにも思う。関連して、「百済」の「くだら」については、「大国」を意味する朝鮮語「くんなら」でいいのではないか。
 百済は滅亡して後、日本は百済遺民を多く受け入れている。彼らにとって親国はまさに「くんなら」だろう。もちろん、異論があることは知っているし、強弁する気などさらさらない。ただ、こうした語源の問題は、どうすれば解答になるかという条件も存在しえないのである。
 関連の話をもう一つつけて終わりたい。「飛鳥・明日香」の枕言葉は「飛ぶ鳥の」である。これが「飛鳥」という表記の語源になっているのは「と」ではない。なぜ、「とぶとり」がアスカなのか、これも定説はない。私は「安宿」(あんすく)と考えたいのだが、「とぶとりのあんすく」とはなんだろうか?
 枕言葉それ自体、定説がないが、一応文学の範疇されているせいか、修辞または詩法として考えられがちだ。だが、私はもっと素朴に、社会言語学的な弁別性だろうと考えたい。つまり、「とぶとりのあんすく」ではない「あんすく」との区別だ。あるいは、「TOKYO、T」といったふうに、弁別性の発音の便宜かもしれない。
 飛鳥時代は、皇室や寺院回りには百済・新羅・高句麗民がかなりいたのだから、ある種のマルチリンガルな状況だったことは間違いない。そういう上層民はそれでもいいが、下層民は単一言語だろうから、そのインタフェース的な言語の便宜が必要になる。枕言葉はそうした残存だろうと思う。
 「とぶとりの」の語源は皆目わからないのだが、田井信之著「日本語の語源」という、奇書としか言えないのだが、この本によると、「富み足る」の音変化だという。こじつけのようだが、古事記には「とだる」という語があり(「天つ神の御子の天つ日継知らしめすとだる天の御巣みすなして」と広辞苑にもある)、富むの意味を持つ。この語の場合は、古形に「とみたる」があっても不思議ではない。
 推測に推測を重ねるのが「と」の本領だが、「富み足る安宿」としてみると、「安宿」という地名なりその居住地に対する国褒め歌の一部のようにも聞こえる。その背景には、貧しく逃れる人々の思いのようなものが感じられる。

|

« 初等教育が変だ | トップページ | 凡庸な日の新聞社説 »

「語源」カテゴリの記事

コメント

新潮文庫「枕詞の暗号」(藤村由加 著)に
「第2章 飛ぶ鳥のアスカ」というのがありました。

「富み足る」とは全然違うことが書いてあったので
読まれると面白いかもです。

投稿: とおりすがり | 2004.01.12 14:17

ども。藤村由加ですか。うーむ、この手の話題はそういう次元になってしまうんですよね。

投稿: finalvent | 2004.01.12 14:37

いちおう反論(?)文章
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/6084/timei.htm

語源って難しい...

投稿: i | 2004.01.13 00:55

どもです。「ナラ」の件ですね。こういう反論の話、および反論の論法はわかるのです、というかいちおう知っていて前回の話は書いています。この手の「反論」の思考法は安全なのですよ。そして、これからは何にも出てこないのです。「奈良」「百済」は偶然、終わり、です。それは思考の放棄かなと思うのです。むしろ、できるだけ、それの解法をどこまで理性的にできるか、というネットワークから新しい思考のパラダイムへのビジョンを作っていきたいと思うのです。「百済」が「大国」、たぶん、「親国」というのはそういう全体のビジョンのなかで居座りよくなると思うのです。実際、奈良時代の政争を見ると、百済系がキーになります。

投稿: finalvent | 2004.01.13 09:03

どうも、通りがかりの暇人です。 
 安宿(アンスク)は、厳密には朝鮮語ではなくて、中国からの外来語である漢語の朝鮮読みなのではないのでしょうか?日本語と朝鮮語には確かに似たような発音をする言葉が多数ありますが、そのほとんどは共に漢語であり、大和言葉とハングル(朝鮮固有の言語)に共通点が見られることはあまりないような気がします。
以上、素人の感想です。

投稿: (暇人) | 2004.01.26 05:22

ども。仮に暇人さん、ということにして名前を補っておきました。で、「中国からの外来語である漢語の朝鮮読みなのではないのでしょうか?」は正しいと思います。あの時代、朝鮮語なり百済語の可能性もあるのですが、広義に中国語のバリエーションかなと思います。実は、現代韓国語でも中国語と日本語のアマルガムなのですが(と物騒な発言ですが)。また、ポリネシア的なやまと語と朝鮮語の対応はないと思います。と、いうと、私の視点が曖昧に見えるでしょうが。

投稿: finalvent | 2004.01.26 10:14

昔の言葉って、「あすか」のひとことで、使い分けず同時にいろいろなさまを彷彿とさせながら用いられていたのではと、おもうのですが、後世の意図で語義は一義にというところで、色んな説がとかれております。
あの地がかって湖か沼であったとしたら、みづが干上がってきた「浅か」あるいは、飛鳥川の「浅か」を飛ぶ鳥のさまであったかもしれないし、やまびとにとっての日のさす「朝香」ほる「あすか」に鳥飛ぶさまであるかもしれないし、かつそこには渡来人の「安宿」があって「富みたり」、「訪ひたり」の様である「彼処」、「あすか」。
そのような多面体のけしきさながらのあそこをまるごと、詠んでころがしていたのかもしれないと思います。
過去ログに「と」んでみるとすっきりしました。ありがとうございます。

投稿: 都市に棲む山姥 | 2007.04.25 06:43

こういう事に絶対の答は中々存在しないと思うんですが、薄ボンヤリした傍証を一つ提示してイイですか?
沖縄と紀州には海人の定住地としての地域的繋がりがあり、確かに仰る通り一般的には中世史より古代史が主流ですが。
兎に角、記紀に載る紀州の『名草戸辺』なんかと沖縄の祭祀の女流重視は結構縁戚関係があるようですよ?
既にご存知でしたら御免なさい。

投稿: 田仁 | 2009.06.23 15:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 語源の話:「ぐすく」と「あすか」:

« 初等教育が変だ | トップページ | 凡庸な日の新聞社説 »