« 日本語の数詞に潜む謎 | トップページ | 世田谷一家殺害事件を思う »

2003.12.30

原子力発電削減の問題について

 晦日になった。新聞各紙社説もスペフィックな話題は少ない。自分にはっきりとした意見があるわけではないが、原子力発電について読売新聞社説「原発建設中止 将来の原油高騰を招く『総崩れ』」が気になった。社説の趣旨としては、原子力発電所の建設中止が相次ぎ、このままでは将来、原油・天然ガスの価格高騰を招くから問題だというのである。それに、ジョークのような結語が付く。


二酸化炭素(CO2)の排出量削減を世界に約束した京都議定書の達成も、原発の新設なしには不可能だ。建設の必要性を粘り強く地元に訴えるべきだ。

 いずれ京都議定書はナンセンスなので見直しになるだろうと思うので、この観点は事実上無視していい。ついでにいうと、代替エネルギーの議論も現実的には無意味だと思う。すると、読売の線で考えた場合、当面の問題は、将来の原油高騰を招くのは本当か、ということになる。この議論について読売のサポートはこうだ。

石油や天然ガスには価格高騰のリスクがつきまとう。中国の石油消費量は日本を超え、米国の天然ガスは発電用の需要増で記録的な高値をつけている。
 石油危機後の長期にわたる石油、ガスの価格安定は、世界的な原発増設でもたらされたことを忘れてはなるまい。

 説得力があるだろうか? 率直なところ、私は罵倒するだけの知識はない。まず、価格高騰のリスクについてだが、絶対的な枯渇や中国の石油消費が日本の存立を脅かすまでになるかについてはわからないし、読売も言及していない。しかし、むしろ問題は今後の中国の石油戦略自体が危機をはらむ可能性だ。というのは、中国は世界の資本主義のルールに対して新参者だし、対外事情を国内問題にしてしまう抜群の外交センスの悪さがある。
 こうしたことをとりあえず置くとすれば、価格高騰というのは、単にマーケットの機能の一部ではないかと思う。もちろん、その時点になって日本人がパニックを起こす可能性はあるが、日本人とはそういう民族ではないか。この議論については、日本国としては原子力発電の問題というより、より視野の広いエネルギー政策の問題だろう。端的には天然ガスの問題であるように思われる。
 関連して、読売の指摘である「石油危機後の長期にわたる石油、ガスの価格安定は、世界的な原発増設でもたらされた」については、端的にそうなのか? 違うのではないかと思う。読売の論法を見ても、なんだか嘘くさい感じが漂う。
 こうして議論すると読売の批判のようだが、実は私は、原子力発電は国家の問題として大きく考えなくてはいけないのではないかと思っている。理由は単純でフランスの現状を見ると、まともな民族国家の指導者ならこう考えるのだろうというのが見てとれるからだ。つまり、フランスは原子力発電を大きく推進しているのである。少し古い資料だが「フランスの原子力発電開発の状況 (14-05-02-02)」(参照)によるとこうだ。

 天然資源に乏しいフランスは、1973年の第一次石油危機を契機に原子力開発を加速した。2001年12月末現在、運転中の原子力発電所は57基、6,292万kWに達した。総発電電力量に占める原子力シェアも例年75%を越え、世界的にも1、2位と高い。炉型は加圧水型軽水炉(PWR)に一本化された上、標準化が進んでいるため、発電コストは安く、余剰電力は欧州近隣各国に輸出している。

 もっとも、これはフランスという国の特殊なお国柄と言えないこともないのは、ヨーロッパの他の国と比較してみるとわかる(EU内での力関係もあるだろう)。これには「主要国の一次エネルギー供給量とエネルギー源別構成比」(参照)が参考になる。見てわかるように、日本という国の動向はアメリカとフランスを足して2で割ったような感じなっている。国力、人口、文化水準などを見ても、日本がそういう位置づけで妥当なところではあるのだろう。
 気になることはある。まず、石油依存度がイタリアを除けば他の主要国より大きい。そして、それに対して石油の専門家からよく指摘されることだが天然ガスの利用が低い。イタリアの石油依存度の高さは天然ガスによって補われているので、実は、石油依存度の問題は主要国のなかでは日本が突出している。天然ガスについては、欧州独自の背景もあるのだが、それでもエネルギー政策の視点から見れば問題は問題である。ふと気になるのは、石炭の問題だ。こいつこそ環境破壊の悪玉なのだが、あまり議論されていない。
 話を少し戻す。読売社説の議論は今回の特定な社説としてはふにゃけたものだし、短絡的に原子力に結びつけるのもすっとこどっこい的ではあるのだが、日本のエネルギー政策への警笛としては十分に意味があるだろう。実際の問題として、近未来的には原子力発電をある程度維持する以外の国策はないように思われるのだが、日本国民はまったくその意識がないようだ。
 もちろん、原子力を選択しないということもありうる。であれば、具体的なエネルギー政策を出さなくてはいけないのだが、どうもエコ系の人はファンタジーになっているような気がする。
 蛇足ながら、個人的な思い出であるが、私には原子力アレルギーはない。多くの人は忘れているのだろうか、「鉄腕アトム」の「アトム」は、原子力の平和利用への期待が込められていたのだ。私たちの世代はまさに、ららら科学の子として育った。浅田彰がオウム真理教や超能力に傾倒する若い世代に対して、うんざりとした侮蔑の言葉を投げかけるが、その感覚はよくわかる。

|

« 日本語の数詞に潜む謎 | トップページ | 世田谷一家殺害事件を思う »

「環境」カテゴリの記事

コメント

全然関係なくて恐縮なんですが・・(^^;)
ミロシェビッチが当確になりましたね・・

これってやっぱ「パン」が足りないってことなんでしょうけど。。

東欧の経済事情ってそんなにヤバいんですかね?(ロシア圏も含めて)

そして、そういった状態を改善するためにはどうしたらいいと思われますか・・?

たとえば、「東欧への物資移入」なんてことは可能なんでしょうか?

(めんど臭いこと聞いてすみません・・(^^;))

投稿: m_um_u | 2003.12.30 10:02

ども。これは難しいです。というのは、狭義に経済問題かなという感じはするのですよ。というのは、セルビア(つまりギリシア)ではミロシェビッチは民衆に支持されているのですよ。歴史的にはトルコ問題もあるけど、近年のオーストリアの右翼問題でもそうだけど、東欧っていうのはけっこう民族的にくせ者です。日本ではイラクのポーランド兵の虐殺に事実上知らんぷりしているけど、ポーランドなんかも複雑。確かに、ロシアという問題もあるのですが、ロシアという極だけではウクライナとか解けない。日本人が忘れている極は、「正教」もあるのですよ。どうも支離滅裂していますが、問題は狭義に経済に還元できません。先日のイランの地震についても、日本のジャーナリストはイランに目が向いているけど、旧ソ連圏も同じ地域なんですよね。難しいです。考えてみたい、チャレンジングな課題でもあるのですが。

投稿: finalvent | 2003.12.30 11:37

にゃるほど・・いろいろな要因が複層的に絡んでいる・・ということですね

しかし、

「極東さんならできますよ~!!」(キャピ声風で無責任な発言)


・・期待してます m(_ _)m

投稿: m_um_u | 2003.12.30 11:41

あ・・あと原子力発電についてちょっとお聞きしたいのですが、

やっぱよく言われるみたいに、「原発の制空権とったら勝ち」、みたいなことってあるんでしょうかね?

いまの日本の原発状況ってよく把握してないんですが・・(^^;)

制空権とってそれらを同時破壊すると・・・ちょっとやばそうですね

※安易に「原発反対」って言ってるわけではありません

投稿: m_um_u | 2003.12.30 11:53

ども。面白いところ突きますね。この問題については、系統的な知識ではなくばらばらな知識を持つだけなのですが、先日のNHKの防衛特集でもけっこうあきれたのですが、原発の防衛には日本はかなりリキ入れています。住民側の不安の声に対処するポーズとも思えるのですが、それはうがちすぎで、原発はかなり弱点なのでしょう。それにしても今思えば、原発は北朝鮮に攻撃されやすい地域にけっこう固めているのですよね。制空権については、北朝鮮レベルではおそらく問題ないでしょう。韓国が潜在的な敵国ですが、米国が東アジアに君臨するかぎりそれもない。というか、米国は対中勢力としてあと半世紀以上居座るでしょうね。日本の制空権が取れる可能性があるのは中国ですが、たぶん米国が許しません。というあたりで実は日本人はあまり知らされていないのですが、日本の制空権は事実上米国下にあります。この先言うとかなりやばい問題があります。盲点があるのですよ。あそこに。あそこです。と、出し惜しみしていますが、知識人ならわかるはずです。ちょっと明示的に書けないのですね。というわけで、実は意外に台湾がダークホースです。台湾を潜在的な敵国と見なすのは私など心情的に苦痛なのですが、冷酷に考えると、その対処も必要かもしれません。

投稿: finalvent | 2003.12.30 16:19

あ、やっぱり米国なんだ・・
というところまでは分かったとして・・・
「あそこ」というのは。。。?

>知識人ならわかるはずです

知識人じゃないから分からないも~ん♪

でも、
たぶん明示できないのでしょうから調べてみます


そして、台湾ですか・・


確か旧極東のほうでも書いてらっしゃいましたしね・・


まぁとりあえず、
いろいろ分かってよかったです 
ありがとうございました m(_ _)m


付記:
あと仮想ですけど・・
アメリカの軍事力全体に対して、ほかのところ全部連帯したとして・・・並べるんでしょうかね・・(^^;)?

投稿: m_um_u | 2003.12.30 18:02

finalventさんこんにちわ。

m_um_uさんの指摘は面白いですね。
finalventさんの日本は米軍が制空権を握っているので安全と
いうご意見には半分賛同かなと。
問題が発生したし際にどこまで米軍が守ってくれるのか?
と思うと当てにはできないなぁと不安に思ったりするわけでして・・

北朝鮮のノドンについてはあまり脅威に感じなくても良いのではと
思うのですが政府のMMD案には本当に有効なのかと疑問です。
それよりも現実にあわせた改憲で日本本土へ対しての攻撃の
意思を見つけたら攻撃される前に攻撃してもOKとしてしまって
もし北朝鮮がミサイル攻撃の姿勢を見せようならこっちもやっち
まうけどそれでもいいの?とこちらの覚悟も必要ですが断固とした
姿勢を見せてやるべきではないかと思います。

日本の仮想敵としてあと中国ですが、北部九州、北陸沖の
原発所在地への攻撃が可能な長距離侵攻爆撃機は持っていないと
思われますが空中給油なら可能ですし技術も持ってます。

ただ本当に原発を攻撃するのであれば首都圏への打撃を考慮して
北陸沖の施設を狙う可能性が高いですよね?
となると北朝鮮ルートでの飛来・・給油は北朝鮮で行い飛来
ということもありうるわけで何らかの軍事拠点、あるいは空母の
配備が必須ではないかと思います。

空母についてはアジア諸国の反発もあるでしょうし
旧ソ連の開発したセパール対艦ミサイルを中国も
持っているだろうという事を考えると空母の配備は
止めたほうがよいのかな?とか思ったりします。

finalventさんが台湾も仮想敵国ありえると述べられてますが
ソレもありと思います。それだけに沖縄の米軍の役割は大きく
沖縄の方には申し訳ないけど米軍基地の撤退はありえないです。

ただなんというか、基地問題にしろ原発問題にしろ周辺住民に
割の食わない問題を押し付けちゃてる感が強くなんか彼らに
対して出来る事はないのかな?とか思うのは私の偽善でしょうか?

仮想敵国として私は北朝鮮や中国以上に危険なのは
韓国だと思います。

統治時代申し訳ない事をしたと日本の国民として
当然の感情はありますがソレを抜きにして最近の韓国が
行っている日本へ対しての敵対行為は目に余るものがありますし
韓国自身、日本を仮想敵国とみなしてます。
竹島問題以外にも輸出品目の競合で衝突が発生するだろうと
思いますが日本政府には現状の問題を解決していって欲しいですね。

あぁ話しが原発問題から軍事に流れてしまいました。

原発依存の現状も変えるべきだと思うのですが代替エネルギーとしてはトリウム炉を奨めるべきだと思います。
放射性廃棄物も発生しませんしトリウムの半減期も10年と
聞いておりますし施設も小規模で可能なので市街地への建設も
エゴイストの反発もあるでしょうが十分可能です。
あと佐賀県だったと思いますが海洋温度差発電の研究も進み
あるていどの深差がある地域での発電も可能だそうなので
国を挙げて真剣に取り組めば原発に変わる代替エネルギーの
開発も不可能ではないのではと思います。楽天的かもしれませんが

追伸

私もはてな利用者ですがアンテナのみです。
ダイアリーは自分が求めてる機能が無かったしカスタマイズは面倒なうえ文中に勝手にリンク付けされるのがうっとおしいので日記は2~3回書いてやめました。
あとはまー finalventさんの理由に似てますがはてなダイアリーの内輪でなんか小難しいことを書いているなーという感じがついてゆけないなーと思った事でしょうか。
アタマ悪いのでしういうの苦手なんですよ。

メインの日記はCGIBOY日記帳でココログはCGIBOYが落ちたときの
ための避難所的に利用してますがAAが行間の間がありつかいにくいことなどからイマイチと思ってます。
なんでもかんでもCSSでフォントの大きさとかをギチギチに固めるのはどうよ?と思います。

投稿: はつせの | 2003.12.30 19:40

はつせのさん、ども。おお、MDより先制とか韓国もねというあたり、怖々書いたのですが、そうですよね。といいつつ、この辺りの話はちと物騒ではありますね。詳細なツメの部分ではつせのさんと意見が違う点もあるのですが(沖縄の重要性とか)、原発問題なども参考になります。韓国については、あの国のつらさもわかるので心情的には同情するのですが…今回も派兵3000人。牛肉も禁止できない。それにくらべると大国日本はのんきです。「はてな」については、傷を負いつつ奮闘されているかたがいるのがわかって同情する面も強いのですが、それにしてもあの騒ぎはなんだろうかと考え込みます。とはいえ、これをブログねたにするものなぁという感じです。「はてな」もこの山を越えて成長するのが見たいです。ホント。ある種の自治性を見てみたいですよ。

投稿: finalvent | 2003.12.30 22:22

finalventさんこんにちわ。
年越し蕎麦の確保は出来ましたか?

どうも今年は暗い話題ばかりで鉄腕アトムの未来世界を
夢見せられた70年代初頭生まれにはキツイなぁと思う事件ばかりだったように感じます。
大阪万博をリアルに体験した世代ではないのですが「人類の進歩と調和」を
実現できるのにはまだ時間がかかるのでしょうね。

吉野屋の牛丼が2月はじめから食べられなくなると
新聞各社でも報じられてる今年最後の日ですが日本はのんきですね。

はてなについては何が起きたのか詳しくは知らないのですが
ぱっと見た印象では彼らのいっている言葉が身にしみて来ないんです。
おもしろいシステムとは思うのですが
私のような無学者にも届く言葉を発信してほしいなぁと感じました。

こういうテキストサイトを巡ってなんらかの確認というか
やりたいからあちこち巡っているのかなと思うのですが
なかなかうまい言葉が見つからないですね。

それでは良いお年をm(_ _)m

投稿: はつせの | 2003.12.31 17:13

新年好、はつせのさん。ええ、昨日は年越し蕎麦を食って、寝ちゃいました。今年はブログが半年は盛り上がるように思いますね。傾向としてはいいことかなとは思うけど、世代ギャップは私などにはますますキツイ。とほほです。

投稿: finalvent | 2004.01.01 07:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原子力発電削減の問題について:

« 日本語の数詞に潜む謎 | トップページ | 世田谷一家殺害事件を思う »