« 再考・米国の鉄鋼輸セーフガードは新ABCD封鎖になる | トップページ | [書評]「古の武術」に学ぶ(甲野善紀) »

2003.11.15

お菓子のような避妊薬

 極東ブログお得意のお薬ネタが最近ないので書くか…という気はないが、ぐぐってみてもどうも国内の情報がないので、ある程度公益のために書いておこう。新型オブコン35(オヴコン35:Ovcon-35)についだ。昨日RU-486について触れたが、こいつについては国内でも若干情報がある。欧州や米国の流れを見れば田中宇でも言及できる問題でもある。だが、新型オブコン35になると、ちとビミョーだ。率直なところ、私も、そりゃなんだ?と思って調べたので、メモ書きしておくというような話だ。
 ニュースはロイターヘルスからだが、チュアブルのオブコン35が解禁になったというものだ。フレーバーはスペアミントらしい……なんだそれ? オブコン35は有名な、日本でいうところのピルだが、それがチュアブルになるっていうのがなぜニュースなんだ?
 チュアブルというのは、かみ砕けるということで、ウェハタイプ(日本だとヨーグルト風味のでかい錠剤みたいなお菓子があるがあんなの)とグミタイプがある。米国ではサプリメントに多い。というのも、嚥下が難しい老人や飲料水がアベイラブルではない状況が多いためだ。あ、アベイラブルって日本語は変ですね。グミや子供向けのビタミン剤に多い。ヤミーベアってやつだ。えぐいフレバーにチアミンやリボフラビン臭のするヤツだ。子供向けにはあとバルーンガムのがあるが、ま、そんな感じだ。
 で、なんだ? ロイターヘルスのニュースはこの件について簡素すぎてなんだかわからなかったが、そう、あのヤミーベアがピルになるっていうことなのだな、要するに。
 ヤミーベアっていうことは子供向け。プレティーンの子供になんで避妊薬を? ふと思うのは、日本でも最近盛んになっているジェンダーフリー教育だが、米国だとプレティーン(10歳くらい)でがんがんやっている?ってな妄想を浮かべるのは、常識的に言って、大間違い。たいていの米国人は保守的です。特に、子供に対してはですね。じゃ、なんだ? レイプ予防? 確かに、モーニングアフターはそのように利用されている。日本はそれがないから、中絶天国が続くのだが…。
 とま、???ばっかしなので、ちと調べて、ある意味唖然とした。そうかぁである。もったいぶって申し訳ない。では解答にはならないが私の推測を言うと、ピルで女の子の性徴発現を遅延化(正規化)させているようなのだ(参照)。もっとも、初潮年齢を遅延させたり、性徴発現を抑えるわけにはいかないので、実際には初潮後にメンスを軽減させたり、コントロールするわけだ。通常の低容量ピルの使用からの推測なので間違っているかもしれないが、そうする意図はわからないでもない。
 この問題、日本でも問題になる可能性があるので、もう少し解説するけど、実は、女の子の初潮の低年齢化っていうのは、世界的な現象で、かつ大問題なのだ。環境ホルモンで女性化するなんておちゃらけじゃない。これがなぜ人類に進行しているか謎なのだが、とりあえず栄養がいいからっしょぉ、みたいな話に落ち着いているが、専門家ほど謎に苦しんでいる、はずだ。
 もしかすると、と話をぼかすまでもなく、初潮の低年齢化が各種の社会問題の根底にある可能性は高い。それについてある程度私もインサイトを持っているのだが、物騒なので控えておくとしても、だ、ジェンダーフリー教育ってなことでごちゃごちゃやっているより、実際問題の初潮の低年齢化に対応したほうがいいのだが、で、対応ってなんだ?ということになる。
 そこで保守的な米国では、社会的な文脈として性徴の発現を制御すりゃいいじゃん、となってきているのだろう。それって人権にひっかからないのかと反応してしまいそうだが、そういう反応をたたきこまれた戦後日本人の悲しさですな。
 こうした問題をフェミニズムはどう考えるか…なんて考察するだけ無駄。次、行ってみよう!というわけで、次の展開としては、性徴発現のセーヴィングというのはありとして、もう少し上のローティーンによってはこのチュアブルピルが実際にピルとして機能するわけだ。
 日米間に差があり、さらにばらつきも大きいだろうが、最低線で見て、13歳くらいでレイプや軽率な妊娠対象になる。そこでプレティーンからの性徴発現を実質的に制御するためのチュアブルピルは、そのまま避妊の用途として継続するという図ができあがる。
 実際日本ではどうなるのだろうか? 女子中高生あたりに広まるだろうか? という問いはレトリカルだ。広まらない。入手できない。機転が利くという意味で頭のいい子はいるけど、そこまで頭のいい女子中高生は日本に少ないし、また、いてもそのレベルになると、チュアブルピルを使わなくても対処できるだけのインテリジェンスはあるだろう。
 しかしなぁ。なんか、そーゆー問題じゃないなと思う。これを書くとイカンのかもしれないが、チュアブルピルはOTCなので、サプリメントと同様に入手できる。ってことは、どっかの悪オヤジとかおばさんが売りに出すっていう危険性を社会は注意したほうがいいだろう。予言しておくが、「ダイエットにもいいしぃ、胸も大きくなるし、メンスが軽くなってグッドよん」ってなことになるだろう。うへぇ~である。大人って悪いやつ多いから、若いかたがた気を付けてくださいね。つまり、必要な状況があるなら、ピルについて勉強してピルをきちんと使いなさい。さかもと未明のいうようなコンドームじゃ対処できない状況は多いし。

|

« 再考・米国の鉄鋼輸セーフガードは新ABCD封鎖になる | トップページ | [書評]「古の武術」に学ぶ(甲野善紀) »

「生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お菓子のような避妊薬:

« 再考・米国の鉄鋼輸セーフガードは新ABCD封鎖になる | トップページ | [書評]「古の武術」に学ぶ(甲野善紀) »