2019.11.12

京急「踏切の600m手前から信号見えず」って大ニュースだろ?

 年を取ったせいか、大抵のニュースに驚かない。あるいは、驚くべきニュースなら、ニュースのほうで、事実より驚きを伝えてくれるので、まあ、そのお作法に則って驚いていればいいのだが、さらっとびっくりするようなニュースがあった。京急「踏切の600m手前から信号見えず」というのだ。おい、それは、驚くべき大ニュースだろ?

京急「踏切の600m手前から信号見えず」当初の説明と異なる
2019年11月12日 5時37分
 ことし9月、横浜市で起きた京急線の脱線事故で、踏切内の異常を知らせる信号機について、当初、会社が説明していた踏切の600m手前からは運転士が目視で確認できないことが分かりました。京急は再発防止策として信号機の設置場所などを見直す方針です。
(中略)
 京急は当初、踏切の600m手前から運転士が目視する事ができると説明していましたが、その後の会社の調査で、この地点からはカーブなどがあって目視で確認できないことが分かりました。
 このため会社は再発防止策として、運転士が600m地点でも確認できるよう、信号機の設置場所などを見直す方針です。

 え?!
 ちょっと言葉が出ないぞ。それって、踏切に自動車が立ち往生したら、高確率でああいう事件になっても不思議ではありませんねえ、まあ、びっくりせず、お茶でも、といったお話なんだろうか?
 違法性はないのか? というのも気になったが。

 この信号機について会社側は、時速120キロで走行する快特電車が停止するのに必要とされる距離、およそ520mからは少なくとも確認できるとしていて、国の省令や社内規程に違反はしていないとしています。
 京急はNHKの取材に対し「現在、対策は検討中なのでコメントは差し控える」としています。

 うーむ、どこで、600mが520mになったんだ?

 そもそも信号機などの鉄道施設は、国土交通省の「省令」に基づいて設置されています。
 このうち「鉄道運転規則」という省令の中で、在来線は “非常ブレーキをかけてから600m以内に停止しなければならない” とされていました。
 この「鉄道運転規則」は、鉄道車両のブレーキの性能が向上したことなどにより平成14年に廃止され、新しい省令には具体的な数値などは記載されていません。
 ただ、強制力を持たない形で省令の解釈を具体的に記した、「解釈基準」と呼ばれるものには、「列車の制動距離は600m以下を標準とすること」という記述があり、今も業界の「慣例」として残っています。

 うわーなんだろ、これ。
 ちょっとびっくりしてどう反応していいかわからないけど、なんだかそもそもいろいろだめ過ぎなんじゃないだろうか?
 幸い、死者を多く出す大事故にはならなかったけど、潜在的にこういう事態が放置されているというのは、どうかと思う。
 ところで、この大ニュース、共同でも報道していた。ざっと見たところ、NHKと共同しか出していない。どっちかがスクープしたのだろうか? 誰が見つけたんだろうか? NHKが早そうなんだが。
 そして、京急側は最初からこのことを知っていたんだろうな。なんか、闇が深い。

 

| | コメント (0)

2019.11.11

ビザンチン絵画からルネサンス絵画へ

  ビザンチン絵画からルネサンス絵画について簡単なメモを作ったので、ブログにも残しておく。



 ビザンチン芸術は、黄金を散りばめた絢爛豪華なモザイクや、神秘性を感じさせるイコンなど、その美術的な価値は確定している、と言っていい反面、近代絵画的な視点から見ると、作者の個性が感じられず、また、芸術の対象も限定かつ様式化されていて、近代の芸術を芸術たらしめる自由も感じられない。
 このことは、一面において事実であり、この事実を切り取り、他方、ルネサンス芸術に見られる芸術家の個性や対象の豊かさと対比する議論もまた多く見られる。だが、この対比そのものが間違いではないだろうか?
 例えば、ビザンチン絵画とルネサンス絵画というのは、実は滑らか連続を形成しているのであり、むしろルネサンス芸術を足らしめる要因は、ビザンチン絵画の内在性の発展ということはないだろうか?
 ビザンチン絵画とルネサンス絵画を滑らかな流れで見るなら、その中間的な領域こそが示される必要があるだろう。それは、ビザンチン帝国最後の王朝、パライオロゴス(Παλαιολόγος)王朝時代(1261-1453)であろう。なお、日本では、王朝名はパライオロゴスまたはパラエオロゴスとも呼ばれる。
 パライオロゴス朝の芸術は、ルネサンス芸術との親和性から、パライオロゴス朝ルネサンスとも呼ばれる。絵画面での代表的な作品は、コーラ修道院壁画である。

Bizan  

 同壁画について、井上浩一・栗生沢猛夫『世界の歴史11 ビザンツとスラヴ』(1998年 中央公論社)は次のように言及している。

 (前略)まったくの小国家に転落したパライオロゴス王朝において、ビザンツ美術を代表する素晴らしい作品が生まれたことは驚きである。
 ほぼ同じころに、ルネサンス絵画フィレンツェ派の祖であるジョットは、パドヴァのスクロヴェーニ(アレーナ)礼拝堂のフレスコ画を描いている。両者はとてもよく似ている。かつてはコーラ修道院の壁画を描いたのはイタリアの画家だと考えられたこともあった。しかしそれがビザンツ人の手によるものであることは今日確認されている。むしろ逆に、ビザンツ絵画の影響がイタリア・ルネサンスにおよんだと考えるべきであろう。

 

 パライオロゴス王朝の絵画がイタリア・ルネサンス絵画の起源であるとする説は定説ではないが、有力な視点として考慮すべきではないだろうか。
 また、おそらくパライオロゴス王朝の絵画から影響を受けたであろう、ジョットの師匠とされるチマブーエとこの無名のビザンチン画家とは同時代であり、大きな様式的な差異もないだろう。さらに言えば、ジョットとして名前が記される画家も実際には、その名の集団といってもよく、そうした画家のありかたにもおいても、ビザンチン絵画からルネサンス絵画への滑らかな連続が想定される。

 

| | コメント (0)

«11月上旬の昭和記念公園散歩