2019.10.19

ファイナルふろしき袋

 コンビニやスーパーでちょいと物を買うとき、ビニール袋に入れてもらうのが嫌で、マイバッグを持ち歩いていたものだが、なんとなく忘れることが多くなっていた。マイバッグを片付けるのが、なんとなくめんどうなのだ。
 この状況をどうしたものかと考えて、そうだなあ、ふろしきが使えるんじゃないか思っていた。
 そんなおり、街をぶらついていると、50センチ四方の化繊のふろしきを見かけ、買った。これでなんかマイバッグの代わりになるのではないかとふと思ったのだった。
 ふろしきにはいろいろな使い方がある。先日も、ふろしき展なるものを見て、実演コーナーで試してもみた。利用法の本もあるし、まあ、ネットにもその手の情報はある。だが、どうも、いまいち。
 なので、自分で簡易なふろしき袋ができないか、パズルを解くように考えていて、できた。

 こんな簡易な方法、きっと誰かがすでに考えているに違いないから、発明を主張しないが、ざっと見たところでは見当たらない。ので、とりあえず、「ファイルふろしき袋」ということで、ご紹介。

ファイナル風呂敷

① 50〜70センチ四方くらいのサイズのふろしきがよいと思う

 

② 山の形に折おる

 半分に三角形に折る。四隅の2つの端が上に来る。山の形にする(谷折り)。

③ 山の裾の二点を適当に結ぶ
 あんまり先っぽを結ぶわけではない。どのあたりがいいかは、出来上がってやりなおして勘でいいと思う。

Fro1

④ 山の形を開き、内側にひっくりかえす
 これで袋の構造になるのでした。というか、用途に合わせてこの袋の具合を調節する。
 縛った2部分は、袋の内側に来ます。

⑤ かつての山の2つの先っぽを縛って、取っ手用の輪っかにする

Fro2  
 これだけ。

 写真が少なくてわかりづらいかとは思うが、やってみたらわかると思う。
 一度できれば、すごく簡単なのもわかるだろう。
 使い終わったら、元のふろしき。当然、普通にふろしきとして利用できる。
 
 ご注意:この袋構造はゆるいので中の物が取り出しやすいが落ちやすい。それがいやならきっちりふろしきで包むといい。

 もっと親切にイラストで解説できる人が別途ブログ記事とか紹介記事とかにしていい。
 便利だったら、オリジナリティの主張はしないけど、このブログで読んだとリンクでも貼ってくださいな。


追記
 「山折り」の表現が間違っていたので訂正しました。

 

| | コメント (0)

2019.10.16

『ゲーム・オブ・スローンズ』を見終えた

 15日に、huluで『ゲーム・オブ・スローンズ』の最終章が公開になっていた。スターチャネルではもう放映も終わり、他メディアにもあるとは思うが、いずれhuluででやるだろうし、Amazon Primeでもやるだろうと思って、あまりペイチャネルを増やしたくもないこともあり、待っていた。2日で見終えた。
 ネタバレ情報は意図的に無視していたので、新鮮な気持ちで見られた。とはいえ、エンディングに納得しないという噂は耳にしていた。
 で、どうだったか。
 よかったんじゃないだろうか。納得できるエンディングだったと思う。
 以下、ネタバレはなしだが、最終章の山場は、当然、ホワイト・ウォーカーとサーセイになり、これもまた当然のこと、大戦闘シーンになる。映像的には、2つの大戦闘をどう描くかにかかっている。
 で、この2つだが、一つは原作タイトルの『氷と炎の歌』だし、もう一つはまさに『ゲーム・オブ・スローンズ』である。
 その意味で、この2つの局面を最終章でどう統合するかというのが、物語に求められたことであり、まあ、これでいいんじゃないかとエンディングだった。別の言い方をすれば、2つのエンディングにさまざまなエンディングが上手に統合されていた。
 感動したか?
 感動というより、自分が老いたように思えた。私はゲースロの初期のファンではないが、この長い物語に人生の一部をつぎ込んできたようには感じている。出演者もそれぞれに成長や老いがあって、そこも興味深かった。
 ある意味、この作品を見るということは、人生のいくばくかを犠牲にするようなところがあるだろう。その点で、万人に勧められる作品とは言えないんじゃないか。
 文学的、あるいは、哲学的な問いかけはあったかというと、あったとは思うが、あくまで映像作品としての面白さに隠れた印象はある。深淵な問いでなければ、女というものをよく描いた作品でもあったように思った。
 いずれにせよ、『ゲーム・オブ・スローンズ』は終わった。関連作品が続くかもしれないが、大きな物語は終わった。ああ、終わったんだなとしみじみ思う。

| | コメント (0)

«[映画] 日日是好日