2019.05.25

「アセクシャル」というものを知らなかった

 「アセクシャル」というものを知らなかった。というか、知識として知らないわけではないが、関心がないせいか、さして考えたこともなかった。というか、性的な関心がない人、というくらいに考えていた。どうやら、そーゆーものではないらしい。たまたまNHKの『ノーナレ 恋愛圏外』という番組を見たが、そこにアセクシャルの若い人が取り上げられていた。番組の概要を引用しておく。

 恋とは何なのか?どこからどこまでが愛なのか?中村健・通称なかけんは22歳。恋愛的感情の有無に関わらず、他者に性的にひかれない「アセクシュアル」だ。キスを粘膜接触と呼び、町に流れるラブソングは意味不明。大人のビデオをみれば寒そうだと思ってしまう。そんななかけんは、大切なパートナーや友だち、家族に支えられて今日も生きる。それは、愛とか恋とかを超えた不思議な感情。名前はないけど、大切な人間関係の物語。

 これだけ読んでみてもわからないのではないか。番組を見ながら、へー、こういう人が本当にいるのかと考えさせられた(失礼な感想である)。恋愛の感情がないらしい。性的な関心もあまりないようだ。が、他者への関係性がわからないというものでもない。ネタバレというほどでもないだろうから書くが、番組では、なかけんさんは友だちの女性と同棲するという話になっていった。
 『さらざんまい』ではないが、他者とのつながりは、欲望か愛情かと考えやすい。すると、アセクシャルな人は、愛情がないわけではないから、むしろ、純粋な愛情かとも言えないでもない。が、性的な欲望を除いた強い愛情の関係欲求というものがありえるのかというと、私にはとんとわからない。
 あるいは、世間でよく言われるような、結婚したが性的な関係はない夫婦というのも、実際上は、そうしたアセクシャルと言えないでもないのではないか。
 これはなんだろうか、とついググってみると、LGBTから、LGBTQ、そして、LGBTQ+として、IAがあるらしい。まず、QはQuestioning、性的な指向が不明、で、IはIntersex性的未分化、そして、AはAsexualで、「無性愛者」とも訳されるようだが、つまり、冒頭に戻るではないが、アセクシャルは性的な感覚がない人とされがちだ。が、先の番組から受けた印象は、それとは微妙に違うものだった。どちらかというと、性的な欲望の人間関係の構築ができないということに思えた。
 そういうタイプの人間がいるのだというのは、知らなかったし、想像もできなかった。自分は、性的な指向は凡庸極まりないというか、どちらかというと、西洋人型の恋愛至上みたいな人のため、無性的な人間関係が理解できないのだと理解した。
 番組でのなかけんさんについて、高校時の自殺未遂の話がとりわけ興味深かった。死にたいというより、そうしたアセクシャルな自分の社会からの疎外のようには思えた。
 また、番組では、「アセクシャル」な人々での集会の映像もあり、そうしたある種の自己アイデンティティが社会的に共有されているようすも伺えた。
 医学あるいは心理学的には、アセクシャルについては、まだあまり研究が進んでいるふうはないようだが、人口の1%から2%には及ぶらしい。性的なマイノリティとして社会的な連帯を結びやすくする対応は必要なのだろう。
 と、なんとなく心に引っかかることを書いているが、うまくまとまってこない。
 なんだろうか、と再び問い直して、「アセクシャル」というのは、程度の問題と言えるだろうかとも仮に考えてみる。世の中、強烈な恋愛感情というものを知らないという人は少なくない。むしろ、強烈な恋愛感情にとらわれるタイプの人のほうが少ないのかもしれないとも思うというか、恥ずかしながら、私は強烈の側なので、そう思う。
 恋愛感情の強度というものがある種、スペクトラム的なもので、また、婚姻後のセックスレスの関係という実態を含めると、外的には、アセクシャルと区別がつかないという人は、社会でかなりの人口に及ぶのかもしれない。そういうふうに社会を捉えるとどうなるだろうか。これもあまり考えたことがなかった。

 

| | コメント (0)

2019.05.24

世界史の学習漫画を大人買いした話

 昨年の春だったと思う。世界史の本を書き始めた。子供に読ませようかと思ったこともある。20ページくらい書いただろうか。そのあたりで、なんとなく中断してしまった。そういえば、平成史も中断中。古典の学習書は書き上げたが、見直しがいろいろあって、保留状態で眠っている。まあ、なんかそんな気まぐれが多い。気まぐれといえば、自著の続編も60歳になって書こうと思っていたが、これは、末子が大学に入ってからかなとなんとなく思っている。で、世界史である。
 自分が書いていた世界史は、世界の歴史を逆に辿るものだ。とはいえ、時代を逆に見るという趣向ではない。「なぜ今の日本はこの日本なのか?」という理由を世界史的に説明するというのが目的である。だから、アステカ文明については触れない。モンゴル帝国については触れるつもりでいた。ビザンチン帝国については、触れる、なぜかというと……といった趣旨の本にするつもりだった。
 資料がてらにいろいろ世界史の概説本なども買って読み、本の山になっており、たまに読むのだが、ふと、ああ、そういえば、世界史の学習漫画はどうだろうと気になって、ついでに、大人買いした。
 もう一つ理由がある。現在、世界史漫画というのは、大きく分けて、3種類あることを知って、なんだろ、それと思ったのだった。3種は、こんな感じだ。

学研: NEW世界の歴史(12巻 + 別巻2)
集英社: 学習漫画「世界の歴史」(10巻 + 別巻2)
小学館: 学習まんが「世界の歴史」(全17巻)

 この集英社のは文庫版で、そうでないのもある。というか、当初、漫画の世界史というとこの版のことを思いついたのだが、他に学研と小学館があるのを知った。で、集英社のは、改定されているが、ベースは2002年ころで古い。古い分、定番とも言える。
 学研と小学館は、比較的新しい。それぞれ2016年と2018年。それだけ、新しい世界史観で描かれているんじゃないかと期待できる。まあ、こっちだ。で、どっちだ?
 小学館のは、実質、山川だった。つまり、世界史の教科書の定番の山川がベースになって監修され小学館から出ている。山川なら安心できるというのがまずあるだろう。で、これかなと各巻の概要を見ていたら、なぜかイスラムが抜けているように思えた。まさかと思ったのだが、ほとんどなさそうだ。というか、全体を見ると、基本は西洋史中心でまとめられている印象がある。ちょっともにょった。
 で、結局学研にした。実は、別館の世界遺産学習事典もいいなと思ったのだ。
 内容的には、学研のは、中学生向けのようなので、内容は薄いんじゃないかと思った。
 大人買いしてどうだったか。
 濃かった。漫画の内容は薄いといえば薄いのだが、注がけっこうある。チェーザレ・ボルジアも出てきた。チェーザレ・ボルジアについては、高校の山川の教科書にも出てこないんですよ。
 イスラムも簡素でよくまとまっている、というか、西洋中心主義ではない印象があってそれも好感だった。
 あと、意外なんだが、絵が全部カラーというのはよかったのと、読んでいて、あれれと思って、はっと気がついたのだけど、この本、横書きだった。だから、本の開き方も通常の漫画と違っている。これに違和感を感じていやだと思う人もいるかもしれないが、私にはむしろわかりやすかった。そうかあ、昔、漫画世界史とかで微妙な感じがしたのは、縦書きだったからと思うほどだった。
 さて、特に、お勧めするものでもないが、世界史って今ひとつわかりにくいという人が漫画で大人買いするには、この学研版は悪くないチョイスじゃないかとは思った。

 

 

| | コメント (0)

«66歳になって孤独でお風呂で泣くだろうか?