2019.07.20

[書評] 「バカ」を一撃で倒すニッポンの大正解 単行本(高橋洋一)

 書店の平積みでこのタイトルを見かけて、少し考え込んだ。《「バカ」を一撃で倒す》という部分にである。

 

 何を考えたかというと、《「バカ」を一撃で倒す》というのは無理だろ、ということだ。「バカ」というのは、強靭なものなのだ。とても一撃では倒せない。倒せるなら、こんなに世の中にはびこっていない……。いやいや、そもそも「バカ」の定義はなんだ? 何をもってバカというのか不明瞭のままの議論こそバカな議論の典型ではないか云々。これは、でも、本書について言えば、帰納的に考えてもいいのかもしれない。つまり、一撃とやらで倒される・論破されている相手が、本書にとってのバカである。というわけで、世の中のバカすべてというわけでもないのだろう、たぶん。
 読みやすい本である。というか、うーむ、これなら、バカでも読めるなあという印象。ルター95か条の論題の半分以下の44の論題が取り上げられている。例えば。

最低賃金が上がれば、
消費が活性化して
景気がよくなる!

 これがバカの論題11である。で、一撃はこう。

逆だよ。
景気がよくないときに
最低賃金を上げたら、
さらに景気が悪くなるに
決まっている!

 どう? そう思っている人は、一撃で倒されましたか?
 たぶん、倒されないんじゃないかな。
 「そういうお前はどうなの?」と言われると、まあ、私はバカを甘く見ないので、そういう一撃は出さない、かな。ただ、韓国の文在寅政権が実施した「最低賃金引き上げ」の経緯は注目してきた。で、議論じゃなくて、実際はどうだったか。
 最低賃金を引き上げたら、雇用は減少した。5月21日の時点で、韓国の雇用労働部もこれを認めるに至った。日経新聞でもこの話題は「最低賃金引き上げ、世界で論争」として扱われていた。概ね、景気悪化時に最低賃金を上げてもうまくいかないことは経済学的にほぼ確立していると見てよさそうだ。
 文在寅政権による「最低賃金引き上げ」は、雇用減少という形で失敗し、さらに、もう一つ失敗を連鎖した。引き上げが次第に不達成の見込みとなり、政権支持の労働団体から反発を招いたことだ。
 つまり、景気が好調でない時点で、政府主導で最低賃金を引き上げると、雇用減少を招き、さらに景気が悪化し、達成不能となり、これにつれ、最低賃金引き上げの政治団体の反発を招き、さらに政権が不安定になり、いっそう景気が悪化するという循環になっていく。
 というわけで、「バカ」は一撃されないから、問題はさらに悪化する。
 私の考えでは、政治・経済の技術的な課題をイデオロギー的な課題に転換できない地点には、「バカ」が集結しやすく、しかも、バカは一撃で倒されないのだから、技術的な言論は実質無意味になる、と考えている。
 本書に戻ると、44のバカの論題は、まあ、議論としては、政治・経済の技術としては、概ね正しいが、バカを一撃で倒すというわけにはいかないだろうなと思った。
 じゃあ、どうするのかというと、最低賃金問題でもそうだけど、政治・経済の技術的な論点は整理しておいたほうがいいので、本書は便利だなとも思った。高校の参考書的な感じ。無駄な議論を考えても無駄だ。ちなみに、そのあたりの感覚では、本書のギャンブルへの言及も面白い。ようするに、数学が少しわかる人間なら、日本のギャンブルなんか、しない、と。ギャンブル中毒予防にこそ、数学教育を、と。まあ、現実的には無理でしょう。
 こうしたバカ一撃の話題とは別に、はっとした点があった。韓国への制裁案である。本書の基本は、「ヒト・カネ・モノ」としている。人、つまり、民間交流の規制が一番難しい。物、については、「戦略物資(安全保障上または戦争遂行上不可欠な物資・資源)の輸出制限なら理論上は可能だ」としている。が、企業活動に影響が出るので、現実的ではないと、本書では判断している。それで効果的なのは、というと、金、であり、具体的には外為法を使うことだとしている。
 本書執筆時には、まだ、フッ化水素問題はなかったのだろう。その意味では、本書は、少し外したともいえるが、おそらく実際は、そうではなく、フッ化水素の次は、外為法なんだろうなと、それなりに納得した。実際はどうなるかわからないが、そうなったら、「なるほどね」と私は思うだろう。
 本書が扱う話題は、比較的ネットで盛り上がる話題が多いので、そうした観点からも面白いかもしれないが、これで「バカ」が一撃されるわけでもないだろうし、あまりネットで問われなくなりつつある話題なども他にもあるし、環境問題や地域コミュニティの課題なども、一撃で答えが出るものでもない。
 とはいえ、本書を拡張した形で、政治・経済の技術的な論題を辞書的にまとめた書籍でもあると便利かなとも思う。

 

| | コメント (0)

2019.07.19

京都アニメーション放火事件

 個人的な視点で平成史を書いていてその後中断しているが、平成初年の陰惨な事件を振り返ったとき、それが平成という時代の幕開けを象徴していたかのような錯覚を覚えたものだった。そして、令和という時代が始まったときも、そこは人の世である、なにか時代を象徴するような陰惨な事件が起こるのかもしれない、という、不安のような取り越し苦労のような直感があった。そんな思いが、ずっと鈍く重く続いていた。そして、昨日の京都アニメーション放火事件を知り、ああ、これか、とうなだれる思いがあった。亡くなられた方に哀悼したい。
 真相はわかっていない。だが、知りうる範囲だけでも不気味な事件に思えた。まず、これはテロ事件であると捉えてよいように思うが、何がテロかという問題は難しく、今回の事件は政治的な意図をもつ旧来型のテロとはいえないだろう。むしろこの事件のテロ的な意味合いが「令和」を象徴するものになりそうだ。
 33人が亡くなったことで、ネットなどでは、戦後最悪の殺人事件というような表現も見かけた。が、2001年の歌舞伎町ビル火災では44人が亡くなっており、しかも放火事件と見られる。犯人も真相もわからないままである。
 それに比べると、今回の放火で、犯行者の点では不明なところは少ない。41歳男性の容疑者はすでに捉えられている。強盗歴があることや、関東の更生保護施設にいたことも報道されている。名前は報道されていない。精神疾患の疑いがあるのだろうか。現時点では容疑者も火傷を負って入院しており、本人からの詳しい発言はないものの、取り押さえられた時点では、「小説を盗んだから放火した」という趣旨の話をしていたらしい。当人としては怨恨が動機ではあるのだろうが、妄想に近いようにも感じられる。(追記 と、書いているうちに容疑者の名前が公表された。)
 精神疾患があるとしても、殺意は計画的に実施されたことは確かだ。犯行に使ったガソリンは、現場近くのガソリンスタンドで購入したもので、40リットル分、携行缶に収められた。これを現場近くまで台車で運んだらしい。明確な大量殺人の意思があったことは明らかで、死刑は免れないだろう。疑問に思えることは、なぜこのような派手な放火の手法をとったのか。どこからの情報でこんな悪質な放火を思いついたのか。なぜ放火先が、京都アニメーションの現場だったのか。悪質な計画性と狂気が統合的には理解しにくい。
 容疑者は、かなりの量のガソリンを撒き、発火は一瞬のことだったようだ。私は、2003年の名古屋立てこもり放火事件を思い出し、爆発したのではないかと当初、思った。つまり、死傷者の多くは瞬時に発生したのではないかと想像していた。だが、死者は、家屋の三階屋上への階段での死者が19人と多い。一階の死者は2人、二階とその階段で11人。それなりに逃げようとして逃げ場を失ったようだ。死因は一酸化炭素中毒が多いらしい。こうした点では、通常の火災だと言えるが、あまりに火のまわりが早い。避難路が確保できなかったからだとは言えない。その他も含めて、防火体制の点で、京都アニメーションの落ち度らしいものはなさそうだ。
 では、防ぎようがなかったのか?
 容疑者が入り口なり、受付なりで留まっていたら、ここまでの被害にならなかったのではないかという疑問から報道を見直すと、この日に限って、セキュリティが解除されていらしいことを知る。それはなぜかという疑問が続く。その答えだが、打ち合わせがあった、NHKがすでに現場にいた、という2つのことが明らかになっている。この事実から想定すると、NHKの報道取材が予定されていたのだろう。
 ここで、この事件について怪しい、陰謀論のような疑問が湧き上がるのは避けがたい。たまたま偶然にセキュリティが甘い時刻に事件が発生したのか、容疑者はこの状態を想定したいのか。後者であれば、おそらくNHKの取材予定を知っていたことになる。現状、この陰謀論的な推論には決め手がない。ただ、こんな用意周到な放火に偶然セキュリティが甘かったという偶然が重なったというのも想定しにくい。
 事件に不明な点は多い。それでも、この放火事件は、犯行の意思も計画性も明確であっても、犯人の理路は社会に理解できないものではないだろうか。仮に、容疑者の言うように、小説が盗作されたとしても、そしてそれにどれほど怒っていたとしても、こんな悪質で大規模な放火を行うとは想定しづらいし、まして、アニメ制作の現場を襲うことには、ほとんど怨恨の関連がない。現場が勝手に盗作することはない。こうして見ると、犯行の理路そのものが、社会の理解を絶した狂気を帯びているようだ。
 この先を言うのは勇み足だが、そのこと、つまり、社会的には了解しがたい悪意だけの露出の殺人、というのが、令和を象徴する事件なのではないか。


資料(NHK報道より)

アニメ会社で放火 容疑者とみられる男 確保の様子
2019年7月18日 16時22分

火事が起きた『京都アニメーション』に番組の撮影のため向かっていたNHKの男性ディレクターが容疑者とみられる男が確保された現場を見ていました。

このディレクターは、「京都アニメーションの近くに着くと、3、4人の警察官が集まっていて、そこに男が倒れていました。男は右足の膝から下の服が焼けていて、はだしでした。警察官と何か話していたようでしたが何を言っているかは聞き取れませんでした」と、そのときの様子を話しています。


「暴力は耐えられない」京都アニメーション社長
2019年7月19日 19時03分

また、事件当日の朝の現場のスタジオのセキュリティについて、「いつもとだいたい同じだが、出勤する午前9時ごろから1時間ほどの時間帯は人の出入りが多く、当日は来客の予定があったこともあり施錠していなかった」などと説明しました。

 

| | コメント (1)

«韓国とは友好的でありたいが日本とは体制の異なる国家になった