2014.07.30

ドイツ語を30日間ピンズラー教材で学んだ

 それほどドイツ語には関心があったわけでもないし、動機もそれほど強くなかったが、ピンズラー(Pimsleur)教材でドイツ語を学んでいこうと思って始めてから、30日が経った。
 当初は、なんなのこの簡単な言語、と思っていた。発音は簡単だし、文法は単純だし、時制も少ないし、コンジュゲーション(conjugation)も法則的だし、正書法もフランス語ほど複雑怪奇でもない、と。ところが、20日過ぎたあたりから、愕然と難しくなった。

cover
German I,
Comprehensive
 難しくなった理由は、ピンズラー方式の特徴だが、この頃から指導にその言語を使うようになる。だんだんとドイツ語でドイツ語を学ぶようになる。
 この指導に使うドイツが自分には聞き取りにくいうえ、れいの複文が枠構造しているから、指導のドイツ語理解しないと自分で発話できない。むずかしい。まいったなあ。その点、フランス語とか中国とかは、けっこうおうむ返しでなんとかなっていた。
 でもなんとか、30日間のフェーズ1を終えた。文法的にはようやく過去形が入ったくらい。学んだ単語も少ない。前置詞と格変化に戸惑うこともまだない。動詞の分離構文なども出てこないので、まだまだ初歩の段階。それでも、むずかしいという感じ。
 もうここでやめようかと戸惑っていたが、フェーズ2に進むことにした。その第1日が今日。初日は少し楽かなと思ったら、そうでもない。指導の人が一人増えて、その慣れない声は聞き取りにくい。
 この先でできるだろうか。フランス語や中国語のときとは別に、少し意気込みを抜いて繰り返し練習したらなんとかなるか、ためしてみるかという感じ。
 それはそれとして、30日とちょっとの間、ずっぽりドイツ語にはまってみるといろいろ思うことがあった。
 想像はしていたが、ドイツ語は呆れるほど英語と似ていた。しかも、現代の英語がフランス語のピジン言語化していない部分の差分を音変化の法則にかけるとドイツ語になっちゃうなあという感じだった。
cover
読んでおぼえる
ドイツ単語3000
英語からドイツ語へ
 特に、語彙に多い。たとえば、"weg"という単語がある。「ヴェック」のように発音する。意味は、英語だと"away"。ということろで、あれれと思う。これ、"away"を単純に音変化させると"awag"となるんで、これがさらに音変化して"weg"ではないのか。この点については確かめてはいないのだが、そう思った瞬間にすんなり記憶できる。
 こうしたなんか便覧ないかと探したら、『読んでおぼえるドイツ単語3000―英語からドイツ語へ』(参照)という絶版本があったので買ったら、なかなかよかった。最近ではこういう本ないんでしょうかね。
 英語で類推できることが逆効果にもなる。"gestern"は英語の"yester-day"から音変化でできるけど、現代のドイツ語の発音だと、「げっさん」に近い。やはり慣れて音から学ぶように切り替えないといけないとも思った。
 発音で戸惑ったのは、"so then"や"right then"の意味で、"also dann"というのだが、私の耳には「あいぞ・だん」と聞こえる。"aiso"について辞書の発音記号見ると「IPA: /ˈalzo/」とあるんで、「アルゾ」かなと思うと、とてもそうは聞こえない。その他にも、シーケンス中の"al"は、「あい」に近く聞こえる。流音が母音のiに近くなるのは英語でもあるし、フランス語などは顕著なのだが、ドイツ語でも起きるのだろうか。と、ちょっと調べてみた範囲ではわからない。いくつか音源を聞いてみると「アルゾ」と聞こえないでもないのはある。
cover
German II,
Comprehensive
 日本人が英語を学ぶときにもカタカナが問題になるが、ドイツ語もそうなんだろう。"Danke"や"Bitte"なんかも、「ダンケ」「ビッテ」とは聞こえない。「だんか」「びた」のように聞こえる。eはどうもシュワのようになっている。ちなみに、北京語の"e"もそうだった。
 その他、音で困るなあと思うのは、後続が母音の"s"や"w"が、ゆっくりした発音では有声音なんだけど、自然な速度だとけっこう、無声音化していることだった。このあたりは特に法則はないんだろう。
 全体として、ドイツ語って、音がきついイメージに思っていたが、イギリス英語よりもソフトにも感じられてきた。先入観を変えて、もっと耳を信じないといけないなと思う。もちろん、ドイツ語の場合、地方差が激しいのでいろいろな発音はあるのだろうけど。
 ドイツ語に慣れてくると、ヘーゲルやマルクス哲学に出てくる「止揚」の原語"aufheben"とかも自然に、"auf"+"heben"と聞けるようになる。これ、英語だと"on"+"lift"、なので、lift upくらいの感じになる。たぶん語感としては、「on状態から離して摘み上げる」というくらいではないか。なので、"off"の語感がって、そこから、"lift off"の語感もあるんのではないかと思う。
 とすると、「アウフヘーベン」というのは「くっついているものを摘み上げて、引き離してみたよん」くらいことなんじゃないだろうか。
 Wiktionaryに例文があるんだが。

Er hob seinen Hut wieder auf, der ihm vom Kopf geweht wurde.
 ⇒He again picked up his hat that was blown off his head.

Die Prohibition wurde aufgehoben.
 ⇒Prohibition was abolished.

Er hob das Buch auf.
 ⇒He kept the book.


 "abolish"の意味が出てくるのは、「引き離してみたよん」の結果なんだろう。もっと現代的には、"cancel"の意味でよさそうだ。
 なにが言いたいかというと、哲学だとこう言われているけど、どうなのか、と(参照)。

ヘーゲル弁証法の根本概念。あるものをそのものとしては否定するが,契機として保存し,より高い段階で生かすこと。矛盾する諸要素を,対立と闘争の過程を通じて発展的に統一すること。揚棄。アウフヘーベン。 〔ドイツ語 Aufheben の訳語。「岩波哲学辞典増訂版」(1922年)が早い例〕

 説明としては正しいのだが、もっと簡単なことなんじゃないのか。「なんかにひっついているものを摘み上げたら、状態が変わったよね」ということが根にあるんじゃないか。
 そういえば、フランス語の「不条理」が"l'absurde (absurde)"で、英語だと"the Absurd"だから、「何、これ、バッカじゃね」という語感なんで、「笑っちゃうでしょ」ということだった。
 他にも、ハイデガーの哲学にある、ドイツ語で「頽落」も"Verfallen"で、"Ver"+"fallen "。ただし、"Ver"は非分離なんで、普通に接頭辞なんだが、これも、"verkommen""verschlafen""verfahren"なんかと並ぶ。「間違ったところに落ちる」ということから、「頽落」という訳語もわからないけではないけど、現代ドイツ語の語感だと「期限切れ」。
 ようするに「ダメになった」ということ。あれ、ネットでよく言う「人をダメにするクッション」というのがあるけど、あの「ダメにする」が、ハイデガーの"Verfallen"なんだろう。ハイデガーといえば、"Das Man"という駄洒落のおかしさもわかった。
 なんなんだろなあ、この、原語の語感を知ったときの、あっけなさというか、へなへな感は。
 そういえば、若い頃、聖書をギリシア語で読んで、「へえ、聖書ってこう書いてあるんか」と驚いたときとも似ている。
 人は特定の言語のなかで思考する、とまでは思わないけど、フランス哲学やドイツ哲学というのも、その言語の原語文脈や含意に戻すと、けっこう、なーんだ感はある。
 小林秀雄が晩年、本居宣長に取り組んで、言語と思惟のことをうじゃうじゃ言っていたが、フランス哲学やドイツ哲学とかも、実際には、本居宣長の思索とそれほど変わらない。むしろ、翻訳文化の違和感に向き合いつつ、特定の言語に根付いた部分の語感と感性に戻ることが、日本人が日本人として考えるということなんだ、ということを小林秀雄は伝えたかったんだろう。全部がそうだとも思わないが。
 とま、日本人を56年やってようやく思うわけだが、もうちょっと若いときにわかっていたら、なんか楽だったかもしれない。何が、楽か、というと、むずかしそうに見える翻訳語文化って、あれ、実際は、もっと単純なことなんじゃないの、と割り切れたかな、と。哲学や文学が難しいとしても、翻訳語散りばめた難しさとは別のものなんだろう。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.29

[書評]脳科学は人格を変えられるか?(エレーヌ・フォックス)

 読みながら、「うぁ、ここまで言っちゃっていいのか」と、その大胆でスリリングな主張に、何度もうなった。『脳科学は人格を変えられるか?(エレーヌ・フォックス)』(参照)である。

cover
脳科学は人格を
変えられるか?
エレーヌ・フォックス
 たとえば私が不用意にこんなことを言おうものなら、今の日本のネットの世界では、トンデモ、偽科学、科学リテラシー皆無といった罵倒を多数くらうんじゃないか、ともふと思った。その内容はどんなものか?

 これらの発見は、遺伝子は何世代もかけてゆっくり変化するという伝統的なダーウィンの進化論の概念とまっこうから対立するものだ。

 「伝統的なダーウィンの進化論の概念とまっこうから対立」していいのか? いや、現代のダーウィンニズムは「伝統的なダーウィンの進化論」とは異なるから、それでいいのだ……ともいえる。だが、ここでは「遺伝子は何世代もかけてゆっくり変化する」という考えは、あっさり否定されているのである。そこまで言っていいのだろうか? つまり、進化が数世代で起きちゃうというのだ。
 その前に、「これらの発見」は何だろうか。こうある。

 バイグレンはノルボッテンのオベルカリックスという小さな部落で一九〇五年に生まれた住民九九人をランダムに選び、調査のサンプルにした。スウェーデンらしい綿密な記録からあきらかになったのは、少年のころ、ある冬は飢餓、次の冬は飽食という経験をした男性の子どもや、さらにその子どもが概して平均より短命になることだ。寿命に影響すると考えられているその他の要因を考慮に入れると、この原因による寿命の差はじつに三二年にもなった。これらのデータは、ある驚きの事実をあきらかにした。子どものころに飢餓の冬を連続して経験した人々の体内では、次の世代の寿命に、そしてさらに次の世代の寿命にまで影響するような生物学的な変化が起きていたのだ。

 ある世代の経験が、その次世代にまで影響していくというのである。このあたりも驚くかもしれない。あるいはこの話はすでに知っている人もいるだろう。
 先の引用はこう続く。

バイグレインはこの急進的なエピジェネティクスの作用を現代の、もっとも詳細な生物学的記録が手に入る地域でも確認した。

 話題の種明かしは「エピジェネティクス」である。予想どおりとも言える。
 「エピジェネティクス」は本書ではこう取り上げられている。

近年成長が著しいエピジェネティクス(後生遺伝子学:「エピ」はギリシャ語で「(何かの)上」「(何かを)越えて)の意)の研究によれば、遺伝子の作用はその人がどんな経験をしたかによって、生きているあいだじゅう変化しうる。驚きなのはこうした変化が、DNAの配列そのものに影響せずとも次世代に受け継がれる点だ。

 個体の生存中に遺伝子作用が変わるというのは、遺伝子の再構成を明らかにした利根川進の研究などでも有名。その後のエピジェネティクスの話題などからしても、それ自体は違和感はない。概ねダーウィニズムにも整合している。問題は、これが「次世代に受け継がれる点」と述べている点だ。もちろん注意深く読めば、「DNAの配列そのものに影響せずとも」とあり、ダーウィニズムを否定しているわけではない。
 それでも次のような記述は、うぁっと声が漏れるところだ。

 つまり、親の若い頃の過ちは自分の幸福だけでなく、子どもの幸福にまで影響することだ。飢餓や喫煙の習慣など環境的な要因は遺伝子に刻印を残し、それは次の世代に譲り渡される。人が経験する出来事や食事や生活様式は、遺伝子の働きをオンにしたりオフにしたりする強力なスイッチをコントロールすることができるのだ。

 ミバエの世代間の研究から、こうも言う。

 こうした発見により、分子生物学のしくみは根本的な見直しを促されている。エピジェネティクスの作用によって何かの資質が次世代に受け継がれるのは、ミバエだけに限った話ではない。植物でも動物でも菌類でも、そしてヒトにさえも同じことが言える。

 そこまで言えるかなあという思いと、そろそろそのくらい言ってもいいんじゃないかという気持ちもある。ちょっとしたスリル間もあって読書として楽しいところだ。
 ただし、本書全体の枠組みでは、読めばわかるが、エピジェネティクスの作用は実質的には個体の一生に限定されている。そのあたりに、邦題「脳科学は人格を変えられるか?」が関係している。ようするに脳科学的な知見から、個体のエピジェネティクスを介して、悲観的な性格から楽観的な性格へと人格を変えられるだろうか、という話題になっているのである。オリジナルタイトルでは、そこを悲観的な脳=雨降りの脳(レイニーブレイン)対楽観的な脳=お天気な脳(サニーブレイン)としている。
 補足すると、人の性格の変更については、本書では、遺伝子以外の側面にも言及している。また、エピジェネティクスの話題に入る前の前半の多くは、従来からある心理学や脳科学の知見の整理にもなっている。こうした知見にはじめて触れる人にはいろいろ興味深い話題もあるに違いない。
 本書のメインがエピジェネティクスの作用にあるのは、著者エレーヌ・フォックスから明らかである。彼女は、『生物学的精神医学』の論文「セロトニントランスポーター遺伝子は注意バイアス変更への敏感さを改変する:可塑性遺伝子の証拠。(The serotonin transporter gene alters sensitivity to attention bias modification: evidence for a plasticity gene.)」(参照)で知られているように、セロトニントランスポーター遺伝子機能の研究で有名な研究者である。本書では、当然、この研究の背景や手順を含めて丹念な説明がある。本書の圧巻部分である。
 この論点で興味深いのは、当初仮定的に設定されていたような考え方、つまりセロトニントランスポーター遺伝子の発現型からレイニーサイド脳(悲観)とサニーサイド脳(楽観)が導ける、ということが実際には否定されたことだ。

 わたしが行った学習実験も結局、セロトニン運搬遺伝子の発現量が低い人は高い人に比べ、ポジティブなものでもネガティブなものでも感情的な背景に非常に敏感であるという、先ど同様の結論に落ち着いた。

 このあたりの説明もわかりやすい。だが、一般社会的に興味が持たれる部分として、エピジェネティクスと人の性格の関係は現状、まだはっきりとはしていない。そこがこの本の弱点と言えば言えるかもしれない。
 それでも、本書が描くように、エピジェネティクスの作用をもとにして、人間の悲観性や楽観性は、変更が可能になるという主張は興味深い。
 こうした点から本書は、後半、人の性格としての悲観と楽観にどのように向き合うか、また、過度に悲観的な人はどのようにその性格が変更できるかという実践的な話題が展開される。具体的に、認知療法やマインドフル瞑想なども言及されている。悲観的な性格に悩むという人には、実際的な解決法も示唆されているので有益だろう。否定的な情感や想念に思考の側からラベリングするだけで、抑制が可能になるといったこともちょっとした否定感情制御のコツになる。
 別の視点から言えば、楽観主義ならなんでもうまく行くという俗流の成功哲学は科学的に否定されている。本書のごくエッセンスだけをだけを言えば、悲観と楽観は所定の割合でブレンドするとよい。もちろん、ブレンド率は読んでからのお楽しみである。

 ごく個人的には、著者の専門域以外では、「五日間目隠しをして暮らしただけで脳が変化する?」の話題が興味深かった一週間ほど視覚を遮断するだけで他の感覚が変わるというのである。たった一週間で神経の新しい回路ができるとは考えにくいとしながらも、彼女を含め、この分野の学者はこの点に注目しているらしい。
 「個人的に」といったのは、似たようなことで思い当たることがある。私が高校生のとき、どうしたら心地よい眠りと目覚めができるかという個人研究をした。その際、環境音を使った。それを入眠・覚醒にセットして聞いた。環境音では鳥の鳴き声が目立つ。これを一か月くらいしたころからだろうか、町なかの鳥の声がしっかり聞こえるようになって、びっくりした。
 この聴覚はその後、一生つきまとった。それでなにか得したことはないが、町なかを歩いていると、あ、鳥が聞こえる、とわかる。他の人と歩いていると、どうも他の人には、その声は聞こえてないみたいなのに。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«米国への子供の単身不法入国問題