2019.08.21

映像化される「私」の自己確認とでもいうか

 これってなんだかアニメみたいだなと思うことがあって心にひっかかっている。それが社会問題なのだと声を上げたいわけでもない。映像化される「私」の自己確認とでもいうか。まあ、とりあえず3つほど書いてみよう。

 

いきなりパノプティコン
 京アニ放火事件の容疑者が、街中を歩く光景をニュースとしてなんども見せられた。それほどそんな映像を見たいとも思っていないのに、見る機会は多かった。それと、「あおり運転男」の関連映像もそうだった。
 何か事件があると、その人の街中の映像がよく流れる。そりゃ、あっちこっちに監視装置があるんだから。
 監視社会というのは簡単だが、なんとも奇妙な幻想が入り交じる。あの溢れんばかりの監視装置に私も監視されている。どこにいても監視されている。そういう自分を受け入れているし、どこかしら、幻想のなかで、そういうふうに映像として自分を見ているような気がする。
 自分がいつも見られている社会の完成というのはこういうものなんだろう。そして、まあ、パノプティコンである。功利主義哲学者ベンサムが考え出した全展望監視システムだ。囚人は常に監視されているという監獄である。ミシェル・フーコーが『監獄の誕生 監視と処罰』で現代社会の監視システムとして論じて現代思想とかで話題になる、あれだ。
 フーコーの考えでは監視する・されるという、いわば権力のあり方として論じている、としていいのだろう。私が最近気になっているのは、自分がその監視装置を見ることができるという幻想で、絶えず自身を、その映像的な客体として意識しているように感じられることだ。
 社会や他者とのコミュニケーション主体である「私」というのを、監視装置に映りだされた映像と等価なものとして自然に私が受け入れている気がする。いつからか。
 何が私の心にひっかかっているのか? プライバシーがないということなのか? 微妙に違う。「私」というのは、あれじゃないんじゃないかという奇妙な抵抗の感覚であり、それでいて、他者というものは、みんなあれだという、一種の安心感だ。

 

犯罪係数があって自然
 アニメ『PSYCHO−PASS』には「犯罪係数」という概念が出てくる。人が潜在的に犯罪を犯す状態値である。計測され、それが閾値を超えると、病人として社会から強制的に排除される。これには死刑も含まれる。アニメらしいディストピアである。現実にはそんな計測はできないし、このアニメでもその計測のある種の不可能性が非常に面白いしかけになっている。
 だが、京アニ事件の容疑者やあおり運転男の映像を見ていると、その映像の左上あたりに、「犯罪係数、204」とか出てきて、なんも不思議ではない感じがする。というか、自然に出てきていいような奇妙な感じがする。「あ、こいつ、色相が濁っている」とか。
 私がちょっと妄想ぎみなのか、街中で見る人でも、なんかのアプリで犯罪係数が計測できそうな気もする。「やば、こんなところにいると、濁っちゃう」とか。
 これはどういうことなんだろう? 私の妄想や考えすぎというのはさておくとすると、こうした映像化された容疑者に、犯罪の意図なんかないんじゃないか、というある確信のようなものが自分に感じられている。なんだろ。「こいつ普通に思考していないな。ただ犯罪係数が上昇しているだけだな」みたいな。

 

自分に寄せる偽の関心
 情けないがどうもアマゾンのポチリ中毒になっている、私が。どうでもいいような物がほしいのである。幸い高価なものではない。中毒の緩和は、どうでもいいようなKindle本を買うくらいでおさまる。なんだろ、ガチャ? リアルのガチャとか福袋とかまるで関心ないけど、アマゾンではずれもありそうな物を買いたくなる。まあ、それはそれで、そんなものだとしよう。
 気になっているのは、アマゾンが、「これがおすすめ」と示してくれるものだ。あれ?と先日思ったのだ。なんか、ガンマニアの玩具みたいなものが推された。僕はガンマニアじゃないんだけどなあ、なんだろ、アマゾン、賢くないぞ、と。そこで、ちょっとぎょっとしたのだ。
 私はアマゾンに理解されたがっているのだろうか? アマゾンが私に関心を持つことを期待しているのだろうか?
 このあたりで、静かな衝撃が私の存在を覆ったのである。大げさだが。デジタル・コミュニケーション・ツールが承認欲求で成り立つというのは、そんなものか、ということでとりあえず終わるのだが、承認されたいというより、他者から興味を持たれていたいということのようだ。それは微妙に薄く、すべての情報を覆っているような気がする。難しくいうと、ハイデガー哲学でいう、世界内存在の畸形。世界内存在は、世界の内に投げ込まれた限定的な存在として自身を了解するというようなことだが、この畸形は、つねに世界から了解されることを了解するというような何かだ。実存の主体が世界の側に転倒している。まあ、哲学はどうでもいいけど。
 これは、どういうことなんだろうか。誰かが私に関心を持っているという、うっすらした期待のようなものが、ねばりつくような主苦しい空気で、すべての情報空間を覆っている気がするのだ。
 いや、それってブロガーの妄想だから。おまえが一番病んでいるだから、と言われて、特に反論する気もないが、なんだろか、なんか、誰にも通じないという絶望感の核みたいなものを私は失いつつあるんだろうか? 

 

| | コメント (0)

2019.08.20

最近ニュースになっていた「あおり運転男」はニュースの価値があったのだろうか?

 世間を自分の目で見て回ることには関心があるが、メディアを通して語られる世間のニュースにはあまり関心がない。さすがにそれでは生きにくいので、NHKの7時のニュースは見るようにしているが、それでも見るに耐えないニュースがけっこうある。事件被害者のプライバシーを延々とドキュメンタリー風に語るのとか。
 執拗に出てくるニュースは意識にのぼる。最近でいうと、「あおり運転男」である。具体的には、18日に逮捕された、宮崎文夫容疑者(43)である。逮捕されて一連話題が終わっているのかもしれないが、このニュースに私はほとんど関心を向けてこなかった。今に至るも、これがなんでニュースだったのかよくわからないでいた。
 振り返ってみる。現時点で探れる一番古いニュースは、これだ。

常磐道 あおり運転受けて殴られる 傷害などの疑いで捜査
2019年8月16日 16時22分
 今月10日、茨城県守谷市の常磐自動車道で、24歳の男性が「あおり運転」を受けて本線上に停車させられたうえ、降りてきた男に暴行され、けがをしました。警察は傷害などの疑いで捜査しています。
 警察によりますと、今月10日の午前6時すぎ、守谷市大柏の常磐自動車道の上り線で、24歳の男性会社員が運転する車が、白い乗用車から「あおり運転」を受けて走行を阻まれ、本線上に停車させられました。
 乗用車から30代から40代の男が降りて近づいてきて、男性は「殺すぞ」などと脅された上、窓越しに顔などを数発殴られ、けがをしたということです。
 これまでの調べで、男が乗っていた乗用車は、海外の高級メーカーのSUVと呼ばれるタイプで、横浜市内のディーラーから代車として貸し出されていた車だとみられています。
 一方、ディーラーの関係者によりますと、この乗用車は先月下旬に貸し出されましたが、3日間の期限をすぎても返却されなかったため、催促した結果、事件翌日の今月11日に男とは別の人物が返しに来たということです。
 警察はドライブレコーダーの映像を分析するなどして詳しい状況を調べるとともに、傷害や道路交通法違反の疑いで男の行方を捜査しています。

 このニュースが初出かどうかわからないが。こうして振り返ってみると、なるほどねと今ならわかる気もしてきた。
 このニュースだが、どこにニュース的な価値があるのか、まとめにあたる最初の段落だけ読むと、ただの茨城県のローカルニュースにすぎない。そもそも、このニュースの刑事的な側面は、「傷害などの疑いで捜査」というだけで、実は、あおり運転のほうは刑法上は重視されていない。傷害罪のほうは、15年以下の懲役または50万円以下の罰金ということで、懲役は長いこともあるが、罰金で見るとそれほど重い罪とも言い難い。というか、ニュースから伺い知るに、重篤なけがを負わせたようには見えない。傷害罪の量刑はけがの度合いによるので、この事例では処罰としては軽いのではないだろうか? いずれにせよ、刑法上はさほど重要なニュースとも思えない。
 だが、この初出らしいニュースを見直すと、誘導している文脈が浮かんでくる。事件に直接ない情報が入ってることに気がつく。これだ。「男が乗っていた乗用車は、海外の高級メーカーのSUVと呼ばれるタイプで、横浜市内のディーラーから代車として貸し出されていた車だ」と。
 そこがこのニュースの隠された主眼なのだろう。簡単に言えば、高級車に乗ると頭のネジが飛んでしまう危険なドライバーがいるでしょ、経験あるでしょ?ということなのだろう。
 このニュースの関連で知ったのだが、この機にドライブレコーダーの売上が増したようだ。世間的には、つまり、そういう話題だったのだろう。高級車とかであおり運転するやつをよく見かけるようになったという世間の空気だ。そのなかで、この事例が象徴的だったということだろう。
 加えて、続報を見るに、この容疑者のキャラが立っていたというのもあるだろう。文春の話では、関西の有名私大を卒業し、東証1部上場の超優良企業に就職していたという。なんだかそれっぽい小説に出てきそうだ。が、それって、すでにニュースの社会的な意義ではなく、一種のエンタテインメントだろう。このノリの上に、同棲相手やネットでの誤認騒動などもぶら下がっているのだろう。

| | コメント (0)

«六十肩と楊名時先生のこと