2016.06.27

[書評] さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ(永田カビ)

すでに知っている人は知っているだろうし、むしろ私のほうがこの作品についてのこれまでのネットの話題を知らないほうの人なんだが、ようするにコミックである。内容は表題通りで、あまりにさびしすぎてレズ風俗に言った女性の物語である、というと簡単そうだが、概ね28歳の女性実話である。私は見ていないのだがすでに大筋はネットでも公開されているが、それは「女が女とあれこれできるお店へ行った話」となっているようで、書籍化にあたりタイトルを再考したのだろう。

そういうことなんだが、話がまとまらないが、これ、コミックでなくて、文章のレポだったらどうだろうかとも少し思った。


実際には見やすく丁寧に書かれたコミックなので読みやすい。コマの割りや、ルポなのだが脚色も上手でいい作品になっている。

で、評価に困惑した。よい作品なのである。で、どう評論していいのか、とても困惑した。もちろん、評論なんかしなくたっていい。よい作品だ、で、終わりでもよい。つまり、すでに誰かがきちんとそうした線で評論というか評価を書いているんじゃいか。と、ぐぐったら案の定、はせおやさいさんが「永田カビ「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」読んだ」(参照)を書かれていて、まあ、これに私が何か加えることがあるのかとふと思い、いや、あるんだよねと思った。はせさんへの異論という意味では全然ないが。

概要的にはせさんの文章を借りると。

高校卒業後、鬱と摂食障害に苦しみ、家族や他者との関係に悩んだ筆者が大きな一歩を踏み出すまでの10年を描いた漫画です。もともとはpixivで「女が女とあれこれできるお店へ行った話」として公開され話題になっていたのですが、書籍化ということで、発売日当日に書店へ走りました。

最初に読んだとき、わたしがもっとも心を掴まれたのは、彼女が「レズビアン風俗」というものを探すきっかけになった、「自分は性的なことに興味がない、と思っていたけれど、そうではなかった。無意識にブレーキをかけて、考えないようにしていた。そしてそのブレーキは、母の形をしていた」という部分でした。そして彼女は自分の興味にしたがって風俗店を検索し、行動してみることで世界が広がり、呼吸が楽になった、と書いていたのです。

はせさんの文脈に繋げるわけでもないが、本書の話は概ね、社会的な居場所がなく、承認地獄に落ちたメンヘラこじらせ28歳処女が、あまりにさびしくてレズ風俗に行って、人生観変わった、ふうに受け止めてもいいし、著者としてもそうした文脈を意識して描いているようには思った。

私はどう思ったのか。難しいなあと思ったのである。この難しさをどこから切り出していいかわからないが、これ、「レズ風俗」じゃないだろ、というか、あるいは、「レズ風俗」というのはこういう側面も一面として持っているのかな、というあたりだった。

こういうといいかもしれないけど、カビさんに対応した「レズ風俗」のお姉さんたちは、この手のメンヘラ女性にかなり手慣れているなあと思った。これ、一種のカウンセリングみたいなものなんだろうな、と。

ちょっと話が飛んで古い話なるのだが、1980年代の日本に(オウム事件前だが)自己啓発セミナーが流行ったことがあって、現在の自己啓発セミナーものと違って、米国のエンカウンター・グループテクニックも使われていた。まあ、この話は長くなりがちなので端折ると、そのエンカウンター・グループテクニックのなかで、ハグの訓練というのがあった。見知らぬ人と出会い、対話して、そして手を触れ、ハグ、という人間のコミュニケーションを学ぶというものである。

たぶん、今でもどっかでやっているんじゃないかと思うし、私もこれの経験がある。のだけど、率直にいうとこれのセミナーはおそらく洗脳セミナーみたいなものにもなっているので、なんともお勧めしかねる。

で、本書読んだとき、本書みたいに「レズ風俗」で裸でハグしなくても普通にハグしあえるエンカウンター・グループテクニックのような機会があればそれは、それでメリットもあっただろうかとも思った。

本書はおそらく古典的な精神分析を学んだ人にとっては、なかなか含蓄深い挿話に満ちているのだけど、これは「レズ風俗」という文脈より、女性身体のロールモデルの学習でもある。この手のなんというか、女体触れあいコミニュケーションは比較的どの伝統文化にもあり、むしろ現代日本になくなりつつある。というか、女子体育会系の闇みたいなものにもあるだろうと思う。

そうした点で、これ、「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」(女性)は、「さびしすぎて風俗に行きましたレポ」としての男性、つまり、童貞の物語には微妙にならないのだろうと思った。おそらく決定的に違うわけではない。むしろ、このレズ風俗のお姉さんのようなカウンセリング的なお姉さんがやさしく童貞君に対応する風俗があればよいと思うのだが、まあ、あるんだろうか。あるのかもしれないが、なさそうな気がする。

うーむ。ちょっとここでうなる。

なんだかんだ言っても、「レズ風俗」である意味救われる女性はいるだろうし、普通の風俗で救われる童貞こじらせ君もいるだろう。一定数は居るだろうという以上は言えないだろうが。

いろいろ思う。そのわりにうまくまとまらないな。(お前はどうなんだという部分もあるしなあ。)

本書でいろいろはっと気づかされる話のなかに、レズ風俗後に著者は体験を「美化してしまう」としている。それはある種特殊な批評眼のようなものである。

こういうとなんだが、エロス的な経験は美化してしまってもいい。実際のところ、彼女がそうした美化のなかで唐之杜志恩と六合塚弥生的関係を築いてもいいだろう。

では、そこはそうなるのかというと、よくわからない。あるいはヘテロなエロス関係を持つようになるのかもわからない。いずれにせよ、あと数段のエロス的な自分の存在の受容というのは起きうるだろうし、そういうのが30歳代の課題というのもそうなのかもしれないなと思った。このあたりは、「ナイン・ハーフ」や「ベティー・ブルー」的テーマでもある。


本書の彼女の場合は、というか、この作品「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」の場合はというか、ルポとはいえ、作品としてのある種の形式的な強制性が、物語のなかに「生」を導入させている。そのために、とても爽やかな作品になっているし、存在が「死」に接近するなかでもかろうじて「生」と「世界」に開かせる部分は美しい。

ただ、「性」や「エロス」というものはそう明るいばかりものでもない。そうした漆黒の心性みたいなものを抱えてしまった若い人はどうしたらいいんだろうかなあとも思った。映画なんかだと、「罪物語」とか「愛の嵐」とかふと連想するが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.25

英国のEU離脱がもたらす安全保障上の論点

英国のEU離脱について、前もってブログならではの予想記事を書こうかとも思ったが、自分なりに詰めのところが見えなかった。投票数日前から英国入りしてて現地報道をしていたNHKの香月隆之特派員も投票前に、英国民は「良心」によって残留を選ぶだろう、と、おそらくうっかり言っていたのが印象的だったが、私もそうした「良心」を信じたい気持ちはあった。が、結果は離脱となった。

ので、これからどうなるのかという、一種後出し議論がメディアで盛んになりつつある。辺境ブログでもネタを投じて起きたいとも思うのだが、日本のメディアやジャーナリズムを見ていてしみじみ思うのは、やたらと経済にばかり関心をもっているものだなあということである。EUというのは、安全保障の枠組みでもあり、英国ではこの議論もけっこう盛んに行われていた。が、どういうわけか、日本人はこの問題にあまり関心を持たないように見える。

これも日本のジャーナリズムはどうかなあ、と思うのだが、先日、ドイツの2016年版防衛白書草案がリークされ国際的に話題になった。これに関する日本語で読める記事は少ないのだが、検索してみると「ロシアNOW」に「ドイツ白書でロシアは仲間か敵か」(参照)があった。

 ドイツの「ディ・ヴェルト」紙は4日、2016年防衛白書が作成されていると報じた。その草案には、ロシアが2006年版防衛白書にあるようなドイツの「優先的なパートナー」ではなく、ライバルになっていると記されている。

「ロシアNOW」なんでロシアの文脈で書かれているが、むしろそのほうがわかりやすい面があるとしても、要点はそこではなく、EU軍の問題であった。

簡単な問いにしておこう。英国がEUを離脱した場合、欧州の安全保障はどうなるのか?ということである。

この問いが思い浮かばないほど平和な日本人は憲法九条の理想かあるいは米国の核の傘の下に安寧しているのか、あるいは別の理由があるのかもしれない。が、たかがブログなんで疑問は論じてもよいだろう。

その前に「ロシアNOW」の情報なんてそもそも信憑性があるのかという疑問がある人は、「フィナンシャルタイムズ」の関連記事「Germany to push for progress towards European army」(参照)を参照しておくとよいだろう。

日本語で読める記事を優先するので逆に話題が少し混乱する面もあるが、以下のBBC日本語記事では、EU離脱派の、ドイツを事実上中核とするEU軍構想への懸念から、離脱を説いている文脈で、キャメロン首相は否定論を掲げていた。「キャメロン英首相 EU離脱派の主張は「事実と異なる」」(参照)

キャメロン首相は、EU軍構想に対する警戒や、トルコが近くEUに加盟するとの見通し、英国がEU加盟で負担している費用に関する離脱派の主張を否定し、英国が離脱を選択すれば「根性なし」とみられるだろうと述べた。

(中略)

また、EU加盟で英国が毎週3億5000万ポンド(約530億円)を負担しているとの離脱派の主張は「本当ではない」とし、EU軍構想は「実現しない」と述べた。EU軍創設に対する警戒からチャールズ・ガスリー元英参謀総長が先週末にEU離脱支持に回っている。

キャメロン首相は、「離脱支持の言い分はもちろんあるだろう」とした上で、「全く事実と異なる3つのこと」を理由に英国が離脱をんだりしたら「悲劇だ」と述べた。

ここはキャメロン首相の意見とチャールズ・ガスリー元英参謀総長の意見のどちらを見るべきかが問われるところで、さすがに後者の報道は日本にはないようだ。テレグラフには関連記事がある。「Field Marshal Lord Guthrie: Why I now back the Leave campaign」(参照)。実は彼の議論が、離脱が現実となった現在、重要性が増しているとは思う。

実際ところ、キャメロン首相自身も、英国のEU離脱を安全保障と関連付けて関心を持っていて、離脱と戦争の懸念を表明している。これもテレグラフ「David Cameron: Brexit could lead to Europe descending into war」(参照)に記事がある。

こうした問題を総合的にどう見るか。それがいよいよ問われ初めてきているが、全体構図はよく見えない。

おそらく一見焦点的に見える対露問題よりも、NATOとトルコの問題が重要になるだろう。

先のガスリー元英参謀総長の見解としては、有事の際、実質的にEU軍は機能せず、米国主導のNATOが実質的な軍事を担うので英国としては、EU軍に関わるより米国との軍事同盟を強化せよ、と受け取ってよさそうだが、この意見の評価以前に、すでにEU離脱を決定した英国としては安全保障上、集団的自衛はNATOベースにならざるをえないし、米英の軍事同盟はいっそう強化され、それに対応して、ドイツ主導の今後のEU軍構想とは齟齬が生じてくるだろう。余談めくが、英国が離脱したEUの共通言語はなにかと言えば、実質英語にならざるをえないという奇妙な事態にもなる。

そしてトルコが今後潜在的にさらに大きな問題になる。トルコはNATOと集団的自衛権を結んでいるが、従来はこれによって、ロシアがトルコに軍事的なちょっかいを出せば、NATOとしてロシアに向き合うという形で露土間の戦争の抑止力になっていた。が、トルコのエルドアン大統領が現在、実質てきに独裁権力を握りつつあり、スルタン化してくると、むしろトルコの軍事的な意向でNATOが動かされされかねない。というか、この問題は対ロシアというより、シリア問題、特にクルド問題に関連してきている。

独仏としては現状の難民対応を見ても明らかなように、トルコとの連携を実質的には嫌っており、集団的自衛権を発動してトルコの引き起こすいざこざに巻き込まれたくないので、EU軍ができてもむしろ、トルコをNATOに放り出す形で分離が進むのではないかと、私などは想像する。

まあ、こうした問題は、専門の識者がいるはずだと思うが、ざっと見渡したところではメディアでもジャーナリズムでもまたネットなども見かけなかったので、メモ程度に言及しておきたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«[映画] パリ20区、僕たちのクラス(Entre les murs)