2018.08.04

ドラマ『宇宙を駆けるよだか』

 Netflixドラマ『宇宙を駆けるよだか』が面白く、また心に残った。
 このところ、よく和製ドラマを見るようになった。NHKのドラマは以前からもたまに見る。『ふれなばおちん』は感動した。途中まで見てほっておいた『受験のシンデレラ』はオンデマンドで通し見したら存外に面白かった。『嘘なんてひとつもないの』は愉快なコメディだった。などなど。まあNHKのドラマは見る、ということだった。そして民放ドラマは見ずして久しかった。最後に見たのは、仮面ライダーものや『あまちゃん』とかを除けば、『都合のいい女』だっただろうか。浅野ゆう子のファンだったか。ああ、Wowowドラマはいくつか見ていた。
 最近、民放ドラマをよく観るようになった。『モンテ・クリスト伯』は最初の2話で死にかけたがその後は面白かった。ありえないシュール設定も楽しいものだった。ギャグ視していたが、最終に近くなり、けっこう難しい問題を扱っているシリアスなドラマでもあった。『あなたには帰る家がある』も見た。当然のこととく木村多江の怪演に惹かれた。原作も読んだ。原作とはずいぶん違った印象を持った。『miss デビル』は愉快なコメディーだった。現在は『グッド・ドクター』にうるうるしている。まあ、自分も変わったなというか。和ドラマも楽しい。ということで、hulu『雨が降ると君は優しい』も見た。好きなテーマだ。そうしたノリで、Netflixドラマ『宇宙を駆けるよだか』も見た。
 まず面白さは若い四人の役者にある。主人公たち4人の演技は思いがけずよかった。設定は、この作品も漫画原作なんで『デスノート』級のシュールさだが、テーマは重かった。その核は、人の美醜というのはどういうものなのか、その深い部分を弁証法的にも思えるストーリー展開で追っていた。あまりの純度の高いアポリア(難問)なので結論は期待しなかった。ドラマらしい感情のエンディングは期待し、それは期待に応えるものだった。で、まあ、問題はアポリアである。
 物語は、幸福な家庭に育ち友達にも恵まれ心の健やかに育った美少女が、そのまさに対局にあるブス少女と体を入れ替えるという設定である。古典的な「とりかえばや」の類型ではあるが、それが暗示しやすい男女の取替ではなく、美醜のとりかえである。そして少し想像力のある人なら、そこから多様な悲劇が想像できるように、この物語も展開していく。というか、物語より演技のよさが、美醜の究極的なアポリアが日常に露出する感覚をよく表現していた。
 この設定の想像の延長には、美を獲得してもそれに見合わない心があれば苦しむというのがあり、実際そのようになっていた。そしてそのさらに延長には、心が大切なんだという、アポリアの失敗が待ち構えている。ひどい言い方をすれば、本作品も、友愛や親子愛から自分の心を立て直すということになっていくのでアポリアとしては失敗しているだろう。
 が、この作品は、そうした古典的なアポリアだけで終わるのだろうか。これは普通に、いや、普通にではないな、宇治十帖的な三角関係を描いたとも言える。この作品での美醜のアポリアはむしろ、男女の性愛の見えない部分を明かすための道具立てでもある。そのテーマは、簡単に言えば、「本当に愛する」ということはどういうことか、だろう。愛はけして見えない。そしてそのことは美醜のアポリアにも直結する。イージーな枠組みでいうなら、美醜のアポリアは見えない愛を見るためのプロセスであるということになるだろう。
 美醜のアポリアがアポリアでありながら、日常それほどまでは純化しないのは、愛が見えないという解に微妙に浸潤されることだ。美醜のアプリアの意識を掻き立てる美は、人口比で見るとごくわずかしかいない。そしてはまさに金のような純度による交換価値にも思えるし、ケインズのいう美人コンテンストのようでもある。いずれにせよ、人は自身の美を世間という審美の評定に委ね、その対価に見合うような美醜の恋人に落ち着くものだ(補正は権力や金)。幸い、生活というものは、美醜の配下にはなく、人は適度の美醜のアポリアの曖昧な解のなかに落ち着く。他方、美の人もまた生活のプロセスなかで容易に自滅する。いずれにせよそこには、あたかも進化論的に誘導されたかような生活への解のフレームワークがあり、ゆえに極度なアポリアということにもならない。ただ、そのことは、もう一つの別解としての「愛は見えない」ということでもあるだろう、とこの作品で思った。
 Netflixドラマは全世界公開になるので、国外の感想もざっとあたってみた。概ね好評だが、英米圏では、どちらかというとこうしたドラマを文化的な特異性と美醜の普遍性の枠組みで見ているようだった。ドラマとしての斬新さがないせいもあるだろう(余談だが『OA』という作品は斬新すぎた)。簡単にいうなら、「へー、日本人も美醜の問題に普通に悩むんだな」ということだろうか。それに関連するが、Netflix側では、微妙に英米圏ではない地域へのドラマの試行もあったようだ。簡単にいうなら、このドラマ誰得?中国とか中近東家で受けるの?的な。こうした線でいうなら、韓国ドラマ的なものと習合していくかもしれない。
 くだくだ書いたわりに、自分の心象の核に届かない。まあ、ブログ記事なんだからまた書くかもしれない。とりあえず、富田望生と清原果耶はよかった。富田がいなければ成立しないドラマであるが、清原のダークさはあやうく惚れかけた。重岡大毅と神山智洋もよかった。こういう野郎がモテるよなあと青春の僻みが惹起される以上によかった。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.30

ただ恋があるだけかもしれない

 LGBTは、性的マイノリティー(性的少数者)とも見られることがあるが、定義上は違うようだ。概念的には、性的マイノリティーのなかにLGBTが含まれるのだろう。では、その差分は何か。あるいは、LGBTにさらにIやQをつなげてその概念を拡張することもあるようだが、その拡張が性的マイノリティーに至るのかというと、そう考えられるわけでもないだろう。とすれば、ある理想形としての差分がありそうにも思える。それはBDSMなど性的な嗜好を指すのかもしれないが、そもそもBDSMを性的な嗜好という嗜好の概念で捉えてよいかもわからない。PTSDなど何らかの要因が表面的に嗜好のように見えるものを形成しているだけかもしれない。映画『愛の嵐(Il Portiere di notte)』を連想するように。意外とこの問題は難しい。
 と書き出して、私は遠回しになにか異論を述べたいわけではない。
 あるいは、異論ということではないが、ただ恋があるだけかもしれない、という命題にとらわれている。
 つまり、恋というものが生じてその対象が同性であることもある、ということを考えてみたいのだ。もちろん、これは「だけ」という全称的な命題ではないのではないかとは疑っている。
 話をそこからLGBTの問題につなげてみる。まず、LGBTを差別してはいけないというのは、現代先進国の社会で自明といっていいだろう。そしてその結婚の権利や性的な自己同定も当然に市民権として確立されるべきだ。
 この議論の地点では散漫になりかねないが、では、兄弟姉妹婚はどうだろうか、とも思考実験的に考えてみる。ちょうど杉田水脈衆議院議員が今号の『新潮45』で展開した「多様性を受けいれて、様々な性的指向も認めよということになると、同性婚の容認だけにとどまらず、例えば兄弟婚を認めろ、親子婚を認めろ、それどころかペット婚や、機械と結婚させろという声も出てくるかもしれません」という話題にも重なる。
 この問題はそれほど難しくはないように思われる。親子婚は二人の関係に閉じるわけでもないので、市民法的な整理が必要であり、単純に認められるものではないだろう、ペット婚や機械婚については、そもそも人間が対象ではない。ある種のファンタジーの比喩であり、その意味では自分婚などに似た修辞と解するべきだろう。
 そうしてみると、意外と兄弟姉妹婚を禁じる合理的な理由はない。よく言われる遺伝子の問題は、それこそが優生思想そのものだろう。
 話をLGBTと差別の問題に戻すと、LGBTを差別するなというとき、現状では、まず、LGBTなる個があり、それが社会的にマイノリティーの個人(individual) であるというスキームを含んでいる。そしてその想定があるなら、そこの地点で「ただ恋があるだけかもしれない」という別の想定は、完全な違和ではないものの、ある程度の対立を形成するだろう。
 どういうことだろうか。
 まず、LGBTは、暗黙に性的な「嗜好」と分離されているように、個人の嗜好ではなく、駄洒落のようだが「志向」であり、おそらく、その志向は実際には遺伝子的なレベルで傾向として決められているだろう。ただし奇妙なのは、行動分析学の歴史などを見るとそれゆえにその科学をもって矯正することも自己決定に含める議論もあった。この問題はここでは立ち入らない。
 遺伝子的な傾向とする考え方は、LGBTなる個があるのだという考え方に親和的である。が、現象としては、単にLGBTがあるだけであり、それは先の対立の曖昧な点が関連するように、「ただ恋があるだけかもしれない」という結果も含みうる。簡単にいえば、恋した相手が結果的に同性であるとことだ。原理的に考えるなら、恋そのものがB、つまり両性愛的な本質を持つか、可能性を持つとしてもよいだろう。
 議論がここでまた多少散漫になるが、いわゆる性的マジョリティーが異性に惹かれるのは、本能的・遺伝子的な特性の反映として見てよいだろうし、その考え方は、LGBTを個体的に考える考え方と親和的でもある。
 こうした本能的・遺伝子的な特性の反映は、しかし、どのように人の心のなかで(心的現象として)生じるかは、あまり自明ではない。それは美の魅惑として現れるのかもしれない。簡単であまり品のない比喩でいうなら、男が美女に惹かれるのはそういうことだ、ということだ。女がイケメンやあるいは肉付きや手の形に惹かれるのも同じだろう。そうした美の感覚が性と曖昧に合わせられたとき、人が恋することは多い。LGBTでもすでにこの流れで見てきたように同じ枠組みでも捉えられるだろう。
 しかし実際に恋の内側に入ったことのある人間なら、そうした美の魅惑というのは、さほど重要性はないとも知っているだろう。思想家吉本隆明は、性にまつわる美醜の問題は、人類の最終的な問題に関わる困難性があるとしていたが同時に、人の距離の問題だともして、ある親密性のなかでは美醜は問われなくなることに注視していた。
 恋が自覚されるとき、その恋の始まりにあったかもしれない美と性の感覚は、恋の強い情熱に置き換わりうるだろうし、そのことが美醜を超えるように、おそらく性差も超えてしまう。ただ恋があるだけかもしれないというのはそういうことでもある。
 それでも、恋は、そうした美醜を入り口にするのかといえば、多くはそうだろうし、それは人間という種の本能にも関連するだろうが、他方、恋それ自体は、必ずしもそこに限定されない。
 この意味はなんだろうか。
 一つには、LGBTを差別してはいけないという自明性に別の光を与えるだろう。恋があるだけかもしれないということは、LGBTの差別がそもそもないことを前提にしているからだ。
 では、この恋というものは、視覚的な美醜を超えた、本質的に不可視なものだろうか。それはあたかも、「心でしか見ることができない。本質的なるものは目には見えない(On ne voit bien qu'avec le coeur, l'essentiel est invisible pour les yeux.)」ということだろうか。
 であるなら、恋はその対象に概念的な神や二次元像などを象徴する対象をも含むものだろうか。しかし、それらと婚姻関係を結びたいというなら、比喩でないなら、そこに人格性はない。
 婚姻的な関係を結びたいというな欲望、おそらく恋のもつ欲望というものが、性を超えたとしても、人の肉体を志向していることは確かだろう。それを抱きしめたいという欲望だ。
 それはおそらく、原初的に恋というものから始まるのではなく、また美醜感覚から始まりうるとしても、他方、友愛という感覚からも始まるものだろう。友愛のなかに、抱きしめたいという思いがあり、それがさらに身体的・肉体的なある耐え難たいほどどの合一的な欲望に、友愛と恋の差があるのだろう。
 もしそうなら、この差別をなくすということは、単に自明というだけでなく、声高に叫ばれるものでもないかもしれない。私たちの間に、友としてハグしあうことのない友愛がないなら、その差別はありえないものかもしれない。
 むしろ友愛の基礎に、ある市民的な感覚があれば、LGBTなどの差別がなくなることの自明な根もありうるのではないか。それは、ハグしあうこの以前の形態でいうなら、ある種の市民的なコミュニケーションでもあるだろう。
 私はここで先の目には見えないというくだりで連想した『星の王子さま』の狐と王子様の下りを思い出す。「もし君が僕をアプリボワゼするなら、僕たちは互いに必要になる。君は僕にとってかけがえのない存在になる。(Mais, si tu m’apprivoises, nous aurons besoin l’un de l’autre. Tu seras pour moi unique au monde.)」
 「アプリボワゼ」は、一般的には飼いならすということだし、このくだりでも、野生の狐を飼いならす含みはある。そして、その含みは人格的に対等な関係ではないようにも思われる。が、ここでの「アプリボワゼ」の結果は人格的な、恋ともいえる関係性の基礎であることを示している。
 そのことにもしかして真理があるとするなら、私たちは、 アプリボワゼする可能性としての市民による社会というものを構想する必要があるだろう。そのなかでは、差別はそれ自体が自明に存続することはなくなるだろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«やまもといちろう氏のツイッターアカウント凍結で思ったこと