2016.07.14

[書評] オキナワ論 在沖縄海兵隊元幹部の告白 (ロバート・D・エルドリッヂ)

エルドリッヂ博士による新書『オキナワ論 在沖縄海兵隊元幹部の告白』(参照)は、なかなか感慨深いものだった。新書でありながらテーマが盛りだくさんで、「第一章 国立大学から海兵隊へ」では彼のパーソナル・ヒストリーと関連させつつも、歴史学の点からは彼の主著の一つともいえる『沖縄問題の起源―戦後日米関係における沖縄1945‐1952』(参照)の要約的側面があった。逆に言えば、この部分に史学的な関心を持つのであれば先の専門書を読めばよいだろうし、現代史の学者には必読だろう。

また「第三章 トモダチ作戦と防災協力の展開」は、彼の社会的実務家をよく表現していた。この三章を読むと、エルドリッヂ博士の信条の根幹にあるものがよく伝わってくる。日本の政治家が学ぶところが多いはずだ。特に大都市の首長となる人には欠かせない知識でもあるだろう。その面では別途、『次の大震災に備えるために―アメリカ海兵隊の「トモダチ作戦」経験者たちが提言する軍民協力の新しいあり方 』 (近代消防新書)(参照)が有益だろう。首長を目指し、これから勉強をされるという後期高齢者のかたにも有益であることは疑いえない。

「評価」というのでもないが、ある意味、理解が難しいのは、「第二章 米軍基地再編の失敗と政権交代」である。この章では、民主党政権が、ナイーブに引き起こした沖縄問題の本質のかなり重要な側面を表しているいるとともに、結果としてのその時期の民主党政権やそれまでの自民党政権の問題も炙り出している。

本書によって気づかされたのだが、こうした表層的な「沖縄問題」は、実際上、米海兵隊の政治的な性格にも関連している。

この問題が、学究かつ実務肌のエルドリッヂ博士を時事的な事件に追い込むことになったことを私たちは知っている。

第二章のこの部分は、「第四章 沖縄のメディアと活動家との闘い」に継がれ、簡単にいえば、沖縄の左派的な政治運動家の虚偽を暴くかたちでの彼の行動と、米国政府での対応の狭間に置かれる事実上の「処罰」を見ることになる。本書の側からは、純粋な志のエルドリッヂ博士に共感も持つが、蟷螂の斧にも見えなくもない。

それらの命題はさらに、「第五章 沖縄問題の解決へ向けて」として、沖縄・日本政府・米国政府・米軍の総合的な視点での沖縄論に触れていく。

この章では「沖縄問題」が政治学的に合理的に描かれている。が、沖縄のエスニシティ関連した形での米政府による沖縄統治統治下史、さらにベトナム戦争が沖縄に与えた歴史の心情的な部分はうまく掬い上げられていないように私には思えた。その部分については、率直に言えば、沖縄というエスニシティの親族構造の内側に入らないと見えない部分でもあり難しい。このあたりの機微を私は私なりに自著で論じてみたが難しいものだと感じている。

エルドリッヂ博士は、新書形式の本書の出版後に類似の新書や一般向け書籍や対談なども著しているが、率直なところ、羮に懲りて膾を吹くということにならないよう懸念をもった。率直にいえば、博士は明白な日本の右派勢力とは距離を置いたほうがいいだろう。なにより、この分野の学究研究はさらにまだ多くの余地がある。むしろそうした学業の成果に大きな期待をもって待っている日本の読者もいることを覚えていていただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.13

2016年の参院選についてたぶん、どうでもいい話

さて、2016年の参院選についてたぶん、どうでもいい話なのだが、自分の住んでいる東京選挙区で誰を選ぶかというのはとても悩んだ。比例の政党としては、金融緩和政策をもう少し進めてほしいし、それができそうなのが安倍首相率いる自民党しかなさそうなので、「自民党」とした。よく誤解されるが、特段、自民党支持者ということではない。そう言っても通じない人には通じないだろうけど、まあ。

ただ、それじゃあ、とりあえずであれ自民党を支持するというなら、個別にも自民党推薦に入れるかというと、中川雅治さんを選ぶ気にはならなかった。志村けんみたいに「あいーん」とかパフォーマンスやってくれるとちょっと気が変わったかもしれないが、大蔵官僚上がりかよぉなのと、ちょっとやーな挿話も覚えていた(参照)。神奈川県民だったら、金子洋一さんに1票入れていた。朝日健太郎さんについては、すまん、私はそもそもがスポーツマンというのが好きではないのだ。明日は地獄の運動会、雨降れ風よ吹け、地球が滅亡すればいい的な人なのである。中学校・高校と陸上部ではあったのだけど、まあ。

そもそも参院は「良識の府」なんで、党より各界の個々人が優先されるだろう。

で、なんとなく見ていたら、「たかぎ さや」というのがあって、「医療大麻」と書いてあって、「新党改革」ってあって、なんじゃろ、これと気になった。「たかぎ さや」と書いてあるママさんテニスみたいなおばさんって、俺、なにか前世の記憶で知っているような気がした。で、ふと、「たかぎさや」って「高樹沙耶」じゃねと思って、ちょっと鬱になりましたね。1983年『沙耶のいる透視図』の高樹沙耶さんの……いやいや……ご本人? この石井隆の映画見てないんですよね。いつか見るんじゃないかと思って、気がついたら見てなかった。まあ、だから、見てないんですよ。見てません。ええ、見てませんよ。

それはそれで高樹沙耶さんがなんで「医療大麻」で、しかもた舛添要一さんが作った「新党改革」? なんだそれ? もうわけわかめ。で、「医療大麻」の状況を調べてみると、「NPO法人医療大麻を考える会」(参照)というのがあるので、そこと関係あるのか該当ホームページを見ると、どうも高樹沙耶さんとは関係なさそう。それどころか、同法人は新党改革の「医療大麻」の考えに疑問をもっているみたいでもある(参照)。わけわからん。

さらに調べてみると毎日新聞に関連記事があった。「ワイド特集・参院選「オンナたちの常在戦場」大麻解禁に手応えアリ? 高樹沙耶は“消滅寸前”新党改革を救えるか」(参照)。

 6議席を巡り、激戦が予想される東京選挙区。中でも異彩を放つのが新党改革から出馬予定の女優、高樹沙耶(さや)氏(52)。日本では法規制されている大麻の医療目的での研究推進を訴えるが、果たしてどうなるのか。
 人気ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)への出演でも知られる高樹氏は昨春、関係者を通じて同党の荒井広幸代表と知り合い、医療大麻の必要性を話し合う中で意気投合したという。
「個人レベルの活動では限界も感じていました。そんな折、荒井代表に出馬のお話をいただいた」(高樹氏)
 高樹氏は女優業の傍ら、環境問題などを活動テーマに据えており、海外生活などを通じて大麻への見識を深めたという。医療大麻は近年、がん、鬱(うつ)、認知症などに効果があるとされ、欧米を中心に規制緩和の動きが広がっている。
 高樹氏は2012年、大麻の啓発団体の役員に就任したところ、各方面から非難が集中。「仕事や芸能関係者、友人知人、多くを失いました」(同)。そんな逆境を経たからこそ、医療大麻の研究、解禁へかける思いはより強くなったという。
「海外の大麻事情を知るうちに、日本との乖離(かいり)に驚きました。医療大麻が解禁されている国は多く、G7各国で厳しく制限されているのは今や日本だけ。日本で医療のための研究すらできないのは明らかにおかしい」
 関係団体は高樹氏の出馬をどう見ているのか。NPO法人「医療大麻を考える会」は「主張に対する是非はないが、患者目線で医療大麻を考えてもらいたい」(事務局)という姿勢だ。


 うーむ。なんなのかなあ。まあ、フランスのように以前との対応を変えて「医療大麻」が研究されるのはいいことだと思うのだけど、なんかよくわからない話になっているなあ。

その後ロケットニュース24というサイトに「【参院選】なぜ医療用大麻合法化の高樹沙耶氏が「わずか2秒で落選濃厚」になったのか? 最も意見を聞いてはいけない専門家に “落選した理由” を聞いてみた」(参照)に面白い記事があったが、それだと、高樹さんは「大麻草検証委員会幹事」らしい。

で、さらにいろいろ調べたら、「大麻を正しく考える国民会議」(参照)というのがあって、そっちが高樹沙耶さんを推していた。ただ、これ医療大麻に限定されなさそう。

「医療大麻」というのを、その他の大麻解禁とごちゃごちゃに議論していくと、あかんのじゃなろーかととも思ったが、とりあえず、この参議院選挙は終わっていったのだった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2016年の参院選が終わった